2019年12月全日本学生音楽コンクール全国大会

2019年12月全日本学生音楽コンクール全国大会が、今年からネットでライブ配信を開始しました。

 

ライブ配信をすることを知らなくて、高校の部だけ全部見ました。

 

もし小学生・中学生部門を録画されている方で、動画データを私に譲ってくださる方は、お知らせください。

 

 

 

12月1日は、小学生部門・中学生部門がありました。
発表会を開催していたので、
2位になられた松木さんの演奏だけ見たのですが、すごいですね。

 

音質や音楽的な呼吸や、超人的なテクニックなど、素晴らしく、国際コンクールに通用する実力だと思いました。

 

他の方は、予定があり、全くみれなかったです・・。

 

高校の部門は全て見ました。

 

しかし、小学生の部門の全国大会と、高校部門の全国大会も、そこまで大きくレベルに差がないように思いました。

 

決して、高校生部門のレベルが低いということではありません!!

 

傑出した才能の輝きは小学生も中学生も高校生も、聴く人に同じように感動を与える、ということです。

 

わたくしの生徒のお母さまとお話したのですが、
「上手い子は、大きくなっても上手いままなんだなあ・・」
ということが言えると思います。

 

小学生部門で入賞している人が、そのまま中学生でも同じように入賞しているケースが多く、一度ついた差を逆転するのはほとんど無理なのではないかと思えます。

 

私はプロを目指すお子さんだけを、生徒として見ているのですが、現在では新しい生徒様をとることは、ほぼありません。

 

月に1人くらいは依頼がくるのですが、ここ1年ほど全員お断りしています。

 

バイオリニストになるのが過酷で厳しい現実を、身に染みて思い知っているからなのです。

 

超一流のソリストになる夢を見ても、散る確率が99%を遥かに超えているのです。

 

小学生の早い段階で、コンクールで結果を出せる状態にしておかないと、後から挽回するのは大変です。

 

コンクールを受けている人は、音色を極めるか、テクニックを極めるか、をしていかないと、上位の成績をおさめることは出来ません。

 

コンクールで上位に入るバイオリニストは、同時に超人的なテクニックを有していることがほぼ100%なので、テクニックは必要なんだと思います。

 

ここでちょっとした落とし穴があります。

私が若いころに勘違いしていた、しくじった考え方の一つに

 

「テクニックさえあれば、他の人より一歩上にいける」

 

という考え方がありました。

 

その考え方に従って、芸大在学中は、とにかくテクニック的に難しい曲ばかりを練習していました。

 

2つ上の先輩で非常に上手な太田さんというバイオリニストがいたのですが、その人が難曲を軽々と弾いていて、非常に憧れておりました。

 

テクニックが上がれば、その分、余裕ができて、音色を考える余裕はできるのですけどね。

 

しかし現実は非情です。

 

多少、テクニックレベルが上がっても、コンクールでは上に進むことはありませんでした。

 

そこで思い知ったのが、

 

・誰よりも美しい音が出れば、それだけでほぼ勝てる(テクニックよりも音のクオリティが重要ある)
・曲の難しさで入賞できるのは、小学校低学年まで

 

ということです。

 

本物の音のクオリティを持ち合わせる人には、永遠に敵わない、ということを思い知りました。

 

最近は考え方を改めまして、

 

「きれいな美しい音を出すためにテクニックを身に着ける」
という考え方になりました。

 

これは非常に大切な考え方だと思っておりまして、テクニックさえあれば何とかなる、というのはだめです。

 

綺麗な音を前提としたテクニックになるように、と考えるということです。

 

高校部門でも、凄まじい難曲を弾いている人も何人かいましたが、チャイコフスキーを弾かれた方が1位になりました。

 

素晴らしいテクニックを見せても、上位にいける時代ではないということですかね・・。

 

チャイコフスキーもテクニック的に難曲ですが、どちらかというと、いかに歌えるか、という曲です。

 

大人になればなるほど、テクニックよりも、音質・音色がものを言うようになると思います。

 

やっぱり音色の美しさは、何よりも大切だということです。

 

ピンカスズッカーマンさんの言葉に
「音が金だ」
という言葉があります。

 

・音がお金になる
・素晴らしい音色に対して、人はお金を払う
・バイオリニストは、音色がすべてだ

 

などという意味が込められていると考えられますが、ズッカーマンさんも凄まじい美音です。

 

バイオリニストは音が命!

 

ということで、皆さんも、バイオリンを弾くときは、音色を意識されてはいかがでしょうか。

 

あんまり学生音楽コンクールの話題に触れておりませんが、

 

「本物には敵わないなあ」

 

ということを久しぶりに思い出させてくれたコンクールでした。





発表会や、コンクール、演奏会では、お客さんの前で演奏します。その時の服装は、どうしたら良いのでしょうか?Tシャツにジーパンで出ます?いやいや、ビシッとキメて出たいですよね!?だって晴れ舞台だもの。発表会で、普段着がダメということはないですが、ピシッとしてると気が引き締まるし良いですよ!!こういうクラシック音楽は、ヨーロッパ発祥なんです。この前ウィーンに行った時は、お客さんもみんな着飾って、華やかな...

発表会やコンクールに向けて、準備しておくことについて、解説します。まずは、発表会当日に本番の服、靴、が全て手元にあるようにしましょう。白いワイシャツをクリーニングするのを忘れたり、って意外とあるんですよね。私はしょっちゅうやってしまいます(白いワイシャツのクリーニング忘れを)。クリーニング屋が、土日はクリーニングをやっていなくて、ワイシャツが本番に間に合わない、など・・。服がちゃんとあるか、確認し...

バイオリンを本格的にやっているなら、バイオリンコンクールは受けてみたいですよね。バイオリンコンクールは、客観的に自分の実力を点数で判断してもらえるので、自分の実力が世間的に見てどんなものなのか知る、良い機会です。「音楽は芸術なんだから、点数をつけるべきじゃない」という意見はもっともなのですが、実際には実力差があります。「ナンバーワンよりオンリーワン」は所詮きれいごとで、皆が求めるのはクオリティーの...

演奏会や、発表会では、マナーがあります。日頃、まったく演奏会に行かない人には、なじみがないことだと思います。静かに聴いていれば、何の問題もないんですけどね(^-^)マナーとはいっても、守って欲しいのは、一点だけです。騒音で、演奏の邪魔をしないのがマナー

子供の発表会や、コンクール、演奏会では、良い写真を残せたほうが良いですよね。私も、演奏会で使えるカメラをいろいろ探していて、なかなか良いカメラが見つからずに悩んでいました。カメラには、コンパクトデジタルカメラ(コンデジ)、高級コンパクトデジタルカメラ、一眼レフとあります。確かに軽いのはコンデジですし、持ち運びも楽です。しかし、発表会のような暗い場所だと、一眼レフが撮影に最も適しています。一眼レフも...

発表会や、演奏会では、望遠レンズがあった方が、良いですね。あ、これは一眼レフの交換レンズの話です。一眼レフに興味ない方には、まったく面白くないと思います(^-^;)写真、というのは、基本的にマイナスの芸術です。より無駄なものを削ぎ落としていき、余分なものがないものが、良い写真だと言われています。そもそも発表会の写真では、何を映すべきのでしょうか?バイオリン?ピアノ?それともステージ?いいや違います...

発表会に初めて出る方は、ステージに立つだけで緊張してしまうと思います。しかし、あらかじめ知って、練習しておけば、イメージトレーニングできますね。ステージに出入りのタイミング、そしてお辞儀をするタイミングを見ていきたいと思います。

「音楽というものは、芸術なんだから、そもそも点数を付けるのは間違っている!!」こういう意見はよく聞きますし、私も「なるほどな」と思います。ではなぜコンクールというものが、あるのでしょうか?コンクールというものは、「才能がある者を選び、世に出すきっかけ作りのためにある」と思います。「才能はあるけど、有名ではない」というのは非常にもったいない話で、世界一おいしい料理店も、誰も知らなけりゃ客はこないワケ...

バイオリンをやっていると、発表会や演奏会、コンクールは、良い音で残したい、という欲が出てくると思うのです。(凝り性の男性に多い)カメラや録音機、ビデオカメラなど、家電が好きなのは男性ですよね。私は、家電が好きすぎて、困っています。最近は、音楽用のスピーカーも無線でつなげるようになりました(bluetooth)。良い音質が、安く手に入る時代になってきました(^o^)良い音で録るための、演奏会用の録音...

録音において非常に大切なのが、マイクレベルなのです。マイクレベルが合っていないと、音割れしますし、適切な音量で録れません。マイクレベルが合っていない録音は、ピントの合っていない写真と同じくらいかっこ悪いものです・・。ところでマイクレベルって知ってますか?マイクレベルとは、どれくらいの感度(音量)で録音するかという設定です。マイクレベルが低いと、音が小さすぎ、マイクレベルが高すぎると、音割れしてしま...

外部コンデンサーマイクを使うと、何が良いのしょうか?「せっかく録音機にマイクがついているのに、かさばる大きいマイクを付けなくても良いじゃない!」と思うことでしょう。外部マイクは邪魔だし、三脚も必要だし、重いです。しかし、良い外部マイクは、音質を飛躍的に向上させます。なぜ音質が向上するのかというと、そのマイクの特性にあります。良いコンデンサーマイクは、ホールの残響を隅々まで丁寧に拾う力があります。実...

発表会や演奏会に適したビデオカメラはどれなのでしょうか?画質が良くて、音質は最高なビデオカメラとは?3か月くらいビデオカメラを探したので、せっかくなので記事にしまーす。演奏会の動画を撮りたいので、音質にはこだわりたいですよね!画質が良くても、音質がイマイチなのは、演奏会向きだとは言えないですよね!?何度も何度も、ヨドバシカメラやビックカメラに足繁く通い、ノイズがないか、イヤホン持参で色々と試しまし...

最近は、コンクールやらオーディションの審査員なんてものをやったりするようになりました。去年まではコンクールも受ける側だったというのに・・。偉そうなことやるようなったもんです。ただ大学を卒業しただけ、年を取っただけなんですけどね。審査員をやる側から見た、コンクールについて、書いていきたいと思います。

コンクールに出るからには、人より上手く弾いて、結果を残さなければなりません。まあ残さなければならない訳じゃあないですが(^-^;)受けるからには、通りたいから・入賞したいから受けるのでしょう?(当然だよね)コンクールに通るためには、多くの音楽的要素が必要です。まあうまけりゃ通るわけですが、上手い要素とはなんなのか、分析してみたいと思います。

コンクールや発表会で気を付けたい、弓の構え方、つまり弓を準備するタイミングです。弓を弾くためには、弓を弦の上にもってきますが、そのタイミングがおかしいと、音楽的な演奏ではなくなってしまいます。コンクールは舞台に出てきてから、舞台から出ていくまで、全てが見られています。細かいところまで疎かにしないようにしましょう!

日本クラシック音楽コンクールの全国大会を見に行ってきました。正直、レベルの高さに驚かされました。2014年は、予選・本選・全国大会と、全ての審査をしたので、クラコンの仕組みについてよく分かったように思います。今回は日本クラシック音楽コンクールの全国大会に進むことのむずかしさについてお話します。

2014年12月24日、葛飾シンフォニーヒルズで行われた、日本クラシック音楽コンクールの小学校低学年・中学年の部を見て(審査員です)きました。今回は全国大会ですので、予選・本選を勝ち抜いた、選りすぐりのメンバーが全国大会に進んでいます。正直、レベルが凄まじく高くて、驚愕しました。小学校1年生から4年生まで、27人の審査をしました。

男性用の演奏会の衣装は、どこで買えば良いのでしょうか?昔は、音楽家の知り合いも少なかったので、衣装をどこで買えば良いのか分からず、苦労しました(^-^:)

2015年日本クラシック音楽コンクールの全国大会の審査員をしてきました。今回は大学生と一般の部の審査をしました。2014年の全国大会は小学生1から4年生の審査をしています。コンクールは受験者の人生を左右しかねないものなので、責任を感じます。「このコンクールで入賞できなければバイオリンをやめる」という覚悟で臨んでくる子もいるでしょうし。「今年はコンクールの審査をするのはやめようかな」と悩んだのですが...

2016年12月、日本クラシック音楽コンクールの全国大会【小学校5・6年生】の審査をしてきました。今年も極めてハイレベルで、熾烈なコンクールであることが、大変よく分かります。参加者全員に並々ならぬ才能があり、審査は非常に難しいです。

日本クラシック音楽コンクールの小学2年生の部に行ってきました。小学生の部は低学年・中学年・高学年と分かれています。自分の生徒が出ている、小学2年生のところだけ聴きました。今年は審査員クビになったので(笑)、お客として行きました。「クラコンの全国大会を聴かないと、年越しできねーな」という謎の義務感に駆られて(ブログのネタ探しに)、聴いて参りました。ただ聴きに行っただけなのに「せんせーいつもyoutu...

2019年12月全日本学生音楽コンクール全国大会が、今年からネットでライブ配信を開始しました。ライブ配信をすることを知らなくて、高校の部だけ全部見ました。もし小学生・中学生部門を録画されている方で、動画データを私に譲ってくださる方は、お知らせください。12月1日は、小学生部門・中学生部門がありました。発表会を開催していたので、2位になられた松木さんの演奏だけ見たのですが、すごいですね。音質や音楽的...