鈴木鎮一ヴァイオリン指導曲集の1巻のすばらしさ

バイオリンの入門の本としては、

 

・鈴木鎮一ヴァイオリン指導曲集
・新しいバイオリン教本
・篠崎バイオリン教本

 

の3冊が一般的です。

 

それぞれ3冊の1巻の中で、スズキメソード・鈴木鎮一ヴァイオリン指導曲集の1巻は、初心者向けのクオリティが高いです。

 

私は、
「スズキメソードの1巻」
「鈴木の教本の1巻」
という呼び方をしていますが、正式名称は、「スズキメソード 鈴木鎮一ヴァイオリン指導曲集(1)」です。

 

子供がバイオリンを始めるにあたって、最初に目にする教本としては、最もおすすめです。

 

3歳くらいの子には、「バイオリンのおともだち」、「はじめてのバイオリン」などもおすすめです。

 

鈴木鎮一ヴァイオリン指導曲集1巻は、他の2冊の入門書に比べて、ボリュームが多すぎず、かつ、無理のない難易度の上がり方をしているというのが特徴です。

 

新しいバイオリン教本や、篠崎バイオリン教本も、素晴らしいのですが、ちょっと長すぎて、退屈かなと思います。

 

単調な練習から、やたら難しい練習まで入っているので、篠崎バイオリン教本や新しいバイオリン教本は、なかなか終わらないと思います。

 

子供にとっても大人にとっても大事なのは、
「教本を1冊終わらせた」という達成感です。

 

基本は大事ですが、まずはある程度、曲を弾けるようにならなければ、やる気もなくなってしまいます。

 

ある程度、弾けるようになってから、弓の持ち方、ボーイング、音程などをシビアに直していけば良いので、まずは弾けるようになることが大切です。

 

スズキメソードの1巻で、弓のダウンとアップ、指番号の0、1、2、3、4を覚えてしまうと良いでしょう。

 

順番としては、曲をある程度弾けるようになる、ダウンとアップを確認する、指番号も覚えていく、というように、並行して進めていくのが良いと思います。

 

まずは、音で覚えてしまう、というやり方で全く問題ないと思います。

スズキメソード1の難易度の上がり方

1、きらきら星

 

最初は、きらきら星からスタートです。

 

いきなりタカタカタッタッ、というバリエーションかた書かれていますが、最初はテーマからやると良いかなと思います。

 

ひたすらテーマをやって、曲を覚えましょう。

 

バリエーションを練習する、ということは、弓の練習になります。

 

バイオリンは、究極的には、右手の楽器と言えるので、まずダウンとアップを覚えてしまおうといったところでしょうか。

 

テーマを覚えてしまえば、あとは、右手に集中することができるので、右手の感覚を鍛えていくことができます。

 

2、ちょうちょ

 

ちょうちょも、誰でも知っている曲です。

 

4の指を使うのは難しいので、0で良いと思います。

 

3、こぎつね

 

ダウンの次にダウンがくるため、弓を元に戻す必要があります。

 

まだまだ左手を動かすのに慣れるのが必要なので、右手は完璧を求めすぎなくても良いのかなと思います。

 

 

4、むすんでひらいて

 

弓が逆になりやすいです。

 

5、クリスマスのうた

 

アウフタクトがあります。

 

8分休符もあります。

 

5、かすみか雲か

 

付点が出てきます。

 

7、ロングロングアゴー

 

ゆっくり弓を元に戻す練習をしましょう。

 

そろそろ4の指を使うと良いかも。

 

8、アレグロ

 

弓を元に素早く戻す練習です。

 

結構苦労するかも。

 

元でなくとも、真ん中に戻すのでも、十分です。

 

少し戻して、ダウンの弓で弾ける、ということが大切。

 

9、むきゅうどう

 

長い曲を覚える練習です。

 

4小節フレーズの素直な譜面です。

 

10、アレグレット

 

D線の練習です。1音だけG線が出てくる。

 

11、楽しい朝

 

D線の練習

 

12、習作

 

ここからG-durになります。

 

習作は、第一ポジションのほぼ全ての音を使うので、1日1回やると良さそう。

 

13、メヌエット1番

 

ダウンアップアップの練習が始まります。

 

ダウンアップアップが2回出てきます。

 

CisとCの弾き分けが必要となります。

 

ただ、これもあまりシビアになり過ぎないようにしましょう。

 

初めてのことが、いきなり出来る人間はいません。

 

14、メヌエット2番

 

 

曲が長い・・・。

 

ダウンアップアップが結構出てくる。

 

初めてスラーも出てくる。

 

Disの音が出てくる。

 

 

15、メヌエット3番

 

ダウンアップアップが多い。

 

ダウンのスラーに加えて、新たにアップのスラーも出てくる。

 

装飾音符が初めて出てくる。

 

16、楽しき農夫

 

付点にスラーが出てくる。

 

臨時記号がないので、スラーとリズムに集中しやすい。

 

17、ガヴォット

 

最も難しい

 

装飾音符が出てくる。

 

弓を戻すところも12箇所ある。

 

速いアップアップが出てくる。

 

装飾音符も5個出てくる。

 

シレド#レミレド(ナチュラル)シ
という非常に速くて、臨時記号が出てくるものがある。ここが一番苦戦するポイントです。

 

pizzといって、右手の人差し指ではじくものがある。

鈴木鎮一ヴァイオリン指導曲集1巻の進め方

鈴木鎮一ヴァイオリン指導曲集の進め方としては、

 

ひたすら曲を進めていく、というやり方で大丈夫です。

 

曲以外にも、細かな練習が載っていますが、やらなくても大丈夫です。

 

でも、苦手なところは、その小節だけを練習するのがおすすめです。

 

その小節だけ!少なければ2回くらい、できれば10回くらい、繰り返すと、効果的です。

 

スズキメソードの先生は、譜面を見せずに、演奏に集中させる先生も多いですが、一応楽譜は置いて練習することをおすすめします。

 

どうせ、最初はロクに譜面は読めないので、置いておいても、置かなくても、同じです(笑)

 

しかしながら、譜面という景色には慣れた方が良いと思います。





バイオリンの入門の本としては、・鈴木鎮一ヴァイオリン指導曲集・新しいバイオリン教本・篠崎バイオリン教本の3冊が一般的です。それぞれ3冊の1巻の中で、スズキメソード・鈴木鎮一ヴァイオリン指導曲集の1巻は、初心者向けのクオリティが高いです。私は、「スズキメソードの1巻」「鈴木の教本の1巻」という呼び方をしていますが、正式名称は、「スズキメソード 鈴木鎮一ヴァイオリン指導曲集(1)」です。子供がバイオリ...

鈴木バイオリン教本で、一番最初に弾くのが、「きらきら星」です。初めてやる曲です!「どうやって音が出るのかも分からない・・・。」なんてドキドキの状態です♪

きらきら星を弾く時には、あまり小さなことを気にしないほうがいいのですが、それでも知っておいたら良いことを書いていきます。小節ごとに解説していきます。

2小節目はE線で、指を押さえるところから始まります。左手の人差し指<1の指>を押さえるので、左手の押さえる練習です!

3小節目は「レレドド」です。ここからはA線に移弦して、さらに3の指を押さえる、ということをするので、少し難しいです(^-^)

4小節目は「シシラー」です。ここまでくれば、あとは簡単です。シは1の指、ラは1の指を離して0ですね。では細かく見ていきましょう。

きらきら星の真ん中部分です。音は「ミミレレドドシー」です。この部分は2回繰り返しなので、1回弾ければそれを繰り返すだけ!独学の方もあとひと踏ん張り、頑張りましょう♪

バイオリン曲の弾き方講座第2弾!!アッコーライのバイオリン協奏曲です。きらきら星から急に難易度がはね上がりました(笑)アッコーライ(1833/4/17〜1900/8/19)はフランス人のバイオリン弾きです。アッコーライはバイオリン教師としても優秀だったそうで、このバイオリン協奏曲35才の時に作曲されました。単一楽章形式で、1楽章しかありません(スタンダードな協奏曲は3楽章形式です)。全部弾いても8...

アッコーライのバイオリン協奏曲は、非常に難しい曲です。バイオリンを始めて1〜2年では、全く弾けないかと思います。音階練習で、重音をやっていないと、音程は取れません。さらにリズムも3連符がたくさん出てくるので、リズム感覚も鋭くないといけません。基礎練習なしでは、この曲を弾くことすらできません。この曲をやってみて「あーもっと音階ちゃんとやっておけば良かった・・」と思ってくれたら、とっても良いです(^-...

ヴィヴァルディのバイオリン協奏曲イ短調を弾きました。ヴィヴァルディにはg-mollのバイオリン協奏曲もありますね。他にもヴィヴァルディには、「四季」や「調和の霊感」といった、超有名なバイオリン協奏曲があります。私は「調和の霊感」を全くやったことなくて、あんまりよく知らないのですが(^-^;)クラシックを知らなくても、「四季」の春の出だしくらいは知っていると思います(知ってるよね!?)ヴィヴァルディ...

ヴィヴァルディ ヴァイオリン協奏曲の弾き方を、動画で解説しています。写真とかでやっても、音の表情が伝わらないし、やっぱりバイオリンは動画が良いですね。バイオリンを弾くなら、何を弾くにしてもまず音が命ですよ。「動画の声が小さい」ってみんながうるさいから、声だけ大きくしたよ。「バイオリンはよく聴こえるんだけど、声が聞こえせん」という苦情が殺到しています(月に3件くらい)。そんなに声を張っていない訳では...

カントリーロードの弾き方を知りたい方からお便りをいただきました!!「バイオリンでカントリーロードが弾きたくてバイオリンを始めました。まだ始めて一ヶ月しかたっていません。こちらのサイトを見つけ、きらきら星や弦の押さえ方など、練習しております。きらきら星、以外にもカントリーロードの弾き方など是非のせてください!よろしくお願いします!!!!」いつも見てくださりありがとうございます。このページでバイオリン...

パッヘルベルpachelbelのカノンを弾いてみました。パッヘルベルは、バロック時代の作曲家です。「パッヘルベル」ってなんか楽器の名前みたいですが、音楽家です。バッハよりもほんの少し昔の人です。”バロック”って言ったら、なんか難しそうに聞こえるかもしれませんが、1600年〜1750年時代の作曲家を、なんとなくジャンルとして、「バロック」というカテゴリーにしている訳です。○○時代、というのは、後付け...

モーツァルトのバイオリン協奏曲3番のカデンツァを弾いてみました。カデンツァはサムフランコ作のものです。一番オーソドックスなカデンツァです。モーツァルトのバイオリン協奏曲といえば、初めての本格的な曲だと思います。篠崎バイオリン教本の4巻くらいまで終われば、モーツァルトのバイオリン協奏曲をやってみて良いと思います。バイオリンを始めた人の9割は、モーツァルトのバイオリン協奏曲を弾く事なく、バイオリンをや...

バッハの2つのバイオリンのための協奏曲1楽章を弾いてみました。鈴木のバイオリン教本4巻と5巻に、この曲がでています。結構有名な曲です。すごく難しい曲ではありませんが、早いパッセージも多く、リズムの正確さが要求される曲です。第3ポジションも出てきますし、中級くらいの曲だと言えます。タイのかかった1拍目など、リズムが転びやすいので、気を付けましょう。

ラロのスペイン交響曲の1楽章を弾いてみました。桐朋学園の受験曲や、コンクールの課題にも出題されます。最近の小学生は、低学年の子でもラロを弾いたりします。日本クラシック音楽コンクールだと、小学校低学年でラロやブルッフを弾く子が優勝したりしています。ちなみに私がこの曲を始めてやったのは、中学2年か3年生くらいかな?今の子達はなんでも早い年齢で弾きますね。バイオリンの世界のトップに立つ子達は、早い時期に...