指揮法入門講座

楽器演奏をするにあたって、指揮法の習得は絶対条件だと思います。

 

特に高いレベルを目指す人であればあるほど、指揮法について深くしっておく必要があります。
協奏曲を弾く時に、オーケストラをコントロールするのも、指揮の知識がないと出来ませんからね。

 

アマチュアオーケストラの団員さんで、
「指揮のことは知らない・分からない」
という人がいます。

 

しかしそれは、
「信号の意味が分からず、なんとなく運転している」
に等しいと思います。

 

青信号が進め、赤信号が止まれ、の意味が分からず、ただなんとなく運転している。
そんな状況に近いような気がします(信号の意味が分からない人の運転はちょっと怖いですが・・)。

 

指揮について、もっと知れば、オーケストラが楽しくなりますよ(^-^)

 

音楽の基本はリズムだ!

 

全ての音楽にはリズムがあります。

 

音楽には、

 

・音程
・リズム
の2つの要素があります。

 

音程も大事です。
しかい一番大切なのが、リズムです。

 

リズムの核となるのが、拍感覚です

拍感覚

拍感覚なしに、リズムは語れません。

 

拍感覚(拍子感覚)というのは、

2拍子なら「1、2、1、2、1、2、1、2、1、2・・・・・・」
3拍子なら「1、2、3、1、2、3、1、2、3、1、2、3、・・・・・」
4拍子なら「1、2、3、4、1、2、3、4、1、2、3、4、・・・・・」

 

拍子を感じ続けることです。

 

ちなみに、○分の△拍子なら、△拍子です。

 

例えば、4分の3拍子は、4拍子でなく3拍子です。
1小節に、4分音符が3つある、という拍子だからです。

 

拍子を感じ続けることができれば、オーケストラでも、バイオリン協奏曲でも、テンポ感で困ることがありません。

指揮入門動画

 

指揮は、いくら座学で勉強しても、身につきません。
ぜひ、自分の右手を動かすことで、学びましょう。

 

1拍目が下におりる、ということを徹底して練習しましょう。
2拍子と4拍子の1拍目は、下におりた後、やや右に行きます。

 

日本の指揮セミナーでは、1拍目が必ず下に下りるこように、ということがよく指導されます。

 

音楽を聞く時も指揮をしながら聴いてみよう

音楽を聴いている時も、右手で指揮をしながら聴いてみる、ということをしてみましょう。

 

右手の人差し指だけで、小さく振っても勉強になります。

 

指揮を振りながら聴くと、能動的に音楽を聴くことができます。





そもそもアインザッツとはなんでしょうか?アインザッツは、皆で呼吸を合わせて演奏できるようにするための合図や呼吸です。呼吸を合わせて演奏すると、オーケストラが一体となって鳴ります。演奏の呼吸が合わないと、バラけて聴こえますし、オーケストラやアンサンブルの音として弱くなってしまいます。アインザッツについて、教えてくれる人って全然いないんですよね。オーケストラや室内楽をやりながら覚えていく、というのが一...

オーケストラをやった事がある人、聴いたことがある人は分かると思うのですが、ほとんどの交響曲は、4楽章です。ベートーヴェンの運命の交響曲、ドボルジャークの交響曲<新世界>他にもモーツァルト、ハイドンなどはほぼ100%、4楽章制で書かれています。プロコフィエフやショスタコーヴィッチ、マーラーのシンフォニーだって、4楽章です。なぜなのか?これにはとても深い意味があるのか、あるいは、なんとなく慣習的にそう...

オーケストラをやっていると、たまに落ちたり、弾けなくなったりしますよね。ちなみに”落ちる”とは、今どこを弾いているのか分からなくなることを言います。「やべえ、落ちた!今どこ??」みたいな感じで使うのです。私のような天才的な能力を持つ人(!???)でも、やっぱり間違える時はあります。オーケストラは、曲が長いので、弾けないところはバカ正直に弾かずに、適当にごまかした方が良いです。突然落ちることってある...

「指揮なんて誰がやったって同じだろ?」「メトロノームでいいんじゃないの?」こんなように思っている方が結構いらっしゃるようです。指揮者でオーケストラの音は変わるのでしょうか?指揮者が決めるのはテンポだけではありません。基本的には、みんなが同時に音を出せるためにいるのが指揮者なのですが、曲の表情、音量バランス、ルバート(テンポの微妙な揺れ)、など、色々な仕事も同時に行わなければなりません。テンポが分か...

同級生から、面白いアンケートが届いたので、やってみます。内容は、「オーケストラ奏者から見るオーケストラのオーディション・オケスタについて」協力してる側だから、勝手に公開しても大丈夫だよねっ。

「プロオーケストラに入りたい!」音大に入ったら、誰もが夢見る!?ポジションです。プロオーケストラに入るには、オーディションを通過するしかありません。オーケストラのオーディションも、何度かするようになり、どういう演奏が通るのか、分かるようになりました。コンクールとオーディションは、審査基準が違います。難しいオーケストラのオーディションについて、私なりに解説してみたいと思います。

楽器演奏をするにあたって、指揮法の習得は絶対条件だと思います。特に高いレベルを目指す人であればあるほど、指揮法について深くしっておく必要があります。協奏曲を弾く時に、オーケストラをコントロールするのも、指揮の知識がないと出来ませんからね。アマチュアオーケストラの団員さんで、「指揮のことは知らない・分からない」という人がいます。しかしそれは、「信号の意味が分からず、なんとなく運転している」に等しいと...

指揮法で打点を作ることの大切さについて、お話します。打点を伴う指揮というのが、指揮の基本中の基本です。トップレベルのバイオリン弾きになるのであれば、必ず習得しなければならない指揮法のポイントです。指揮法では、まず形を理解することが大切です。2拍子なら、1拍目が下(下右)、2拍目が上3拍子なら、1拍目が左下、2拍目が右、3拍目が上4拍子なら、1拍目が下(下右)、2拍目が左、3拍目が右、4拍目が上とい...

わたしは、プロオーケストラで8年ほど働いております。年間に50人近くの指揮者と出会い、仕事をしています。オーケストラ団員が、指揮者に対して思うことを書いていきます。指揮者とは、オーケストラを右手と指揮棒、体の動き、顔の表情でもって、コントロールする職業です。クラシック音楽界の中で、最も儲かる花形の職業であり、競争も厳しい、かなり大変な職業です。1回の演奏会で、30万円〜100万円単位のギャラが入る...