アインザッツとは?

そもそもアインザッツとはなんでしょうか?

 

アインザッツは、皆で呼吸を合わせて演奏できるようにするための合図や呼吸です。
呼吸を合わせて演奏すると、オーケストラが一体となって鳴ります。

 

演奏の呼吸が合わないと、バラけて聴こえますし、オーケストラやアンサンブルの音として弱くなってしまいます。

 

アインザッツについて、教えてくれる人って全然いないんですよね。
オーケストラや室内楽をやりながら覚えていく、というのが一般的です。

 

でも、アインザッツのやり方はきちんとあるんです!

アインザッツのやり方!

アインザッツは、こうやるんです!!!!

 

 

アインザッツは、音が出る1拍前に行うのです!!

 

一拍前にアインザッツ、これが全ての基本になります。

 

一拍前に、息を吸うんです。
たまに息を吐くこともありますが、ほぼ息を吸うことがアインザッツだと思って大丈夫です。

 

弓にもブレスさせます。

 

アインザッツは弓を浮かせろ!

アインザッツは、弓を浮かせて行います。
空中で弓を動かすのです。

 

一拍前にエア・バイオリンをするのです。

 

動画では、弓を浮かせて、弓を真ん中に持ってきて、それから空中で元まで弓を使っていますよね。

 

空中でアップ・ボーを弾いています。

 

弓を弦の上に置かないで、空中で弓を使う、これがアインザッツです。

 

弓を弦に置いたままアインザッツすることは、まずありません。

 

 

アインザッツにも表情を

アインザッツは、それ自体がすでに曲・またはフレーズの始まりでもあります。

 

アインザッツは、次のフレーズを感じさせるものでなくてはなりません。

 

強い曲では力強く、静かな曲では優しく、アインザッツをやるようにしましょう。
出る音と同じ弓のスピードで、アインザッツを行うと良いでしょう。

 

正確なアインザッツで、アンサンブルができると、非常に楽しいと思います(^-^)

 





そもそもアインザッツとはなんでしょうか?アインザッツは、皆で呼吸を合わせて演奏できるようにするための合図や呼吸です。呼吸を合わせて演奏すると、オーケストラが一体となって鳴ります。演奏の呼吸が合わないと、バラけて聴こえますし、オーケストラやアンサンブルの音として弱くなってしまいます。アインザッツについて、教えてくれる人って全然いないんですよね。オーケストラや室内楽をやりながら覚えていく、というのが一...

オーケストラをやった事がある人、聴いたことがある人は分かると思うのですが、ほとんどの交響曲は、4楽章です。ベートーヴェンの運命の交響曲、ドボルジャークの交響曲<新世界>他にもモーツァルト、ハイドンなどはほぼ100%、4楽章制で書かれています。プロコフィエフやショスタコーヴィッチ、マーラーのシンフォニーだって、4楽章です。なぜなのか?これにはとても深い意味があるのか、あるいは、なんとなく慣習的にそう...

オーケストラをやっていると、たまに落ちたり、弾けなくなったりしますよね。ちなみに”落ちる”とは、今どこを弾いているのか分からなくなることを言います。「やべえ、落ちた!今どこ??」みたいな感じで使うのです。私のような天才的な能力を持つ人(!???)でも、やっぱり間違える時はあります。オーケストラは、曲が長いので、弾けないところはバカ正直に弾かずに、適当にごまかした方が良いです。突然落ちることってある...

「指揮なんて誰がやったって同じだろ?」「メトロノームでいいんじゃないの?」こんなように思っている方が結構いらっしゃるようです。指揮者でオーケストラの音は変わるのでしょうか?指揮者が決めるのはテンポだけではありません。基本的には、みんなが同時に音を出せるためにいるのが指揮者なのですが、曲の表情、音量バランス、ルバート(テンポの微妙な揺れ)、など、色々な仕事も同時に行わなければなりません。テンポが分か...

同級生から、面白いアンケートが届いたので、やってみます。内容は、「オーケストラ奏者から見るオーケストラのオーディション・オケスタについて」協力してる側だから、勝手に公開しても大丈夫だよねっ。

「プロオーケストラに入りたい!」音大に入ったら、誰もが夢見る!?ポジションです。プロオーケストラに入るには、オーディションを通過するしかありません。オーケストラのオーディションも、何度かするようになり、どういう演奏が通るのか、分かるようになりました。コンクールとオーディションは、審査基準が違います。難しいオーケストラのオーディションについて、私なりに解説してみたいと思います。

楽器演奏をするにあたって、指揮法の習得は絶対条件だと思います。特に高いレベルを目指す人であればあるほど、指揮法について深くしっておく必要があります。協奏曲を弾く時に、オーケストラをコントロールするのも、指揮の知識がないと出来ませんからね。アマチュアオーケストラの団員さんで、「指揮のことは知らない・分からない」という人がいます。しかしそれは、「信号の意味が分からず、なんとなく運転している」に等しいと...

指揮法で打点を作ることの大切さについて、お話します。打点を伴う指揮というのが、指揮の基本中の基本です。トップレベルのバイオリン弾きになるのであれば、必ず習得しなければならない指揮法のポイントです。指揮法では、まず形を理解することが大切です。2拍子なら、1拍目が下(下右)、2拍目が上3拍子なら、1拍目が左下、2拍目が右、3拍目が上4拍子なら、1拍目が下(下右)、2拍目が左、3拍目が右、4拍目が上とい...

わたしは、プロオーケストラで8年ほど働いております。年間に50人近くの指揮者と出会い、仕事をしています。オーケストラ団員が、指揮者に対して思うことを書いていきます。指揮者とは、オーケストラを右手と指揮棒、体の動き、顔の表情でもって、コントロールする職業です。クラシック音楽界の中で、最も儲かる花形の職業であり、競争も厳しい、かなり大変な職業です。1回の演奏会で、30万円〜100万円単位のギャラが入る...