1の指!

ピアノだと2の指ですね(^_^)

 

人差し指は”指番号の1”の指です。
音符の上に「1」と書いてあったら、左人差し指で押さえます。
「0」は何も押さえない、という意味です。人差し指も離します。

 

先生が「そこは1(いち)が良いんじゃないかな〜」と言ったら、
人差し指で押さえて下さい(^o^)

指を立てるのが大切

寝せないのです

 

弦を押さえる指は、
”指を立てる”ことが大切です。

 

そうすることで、上から軽く叩くように、指の重さを使えます。
立てるためには、手首や肘も関係してきますが、
また別のページで説明します♪

指が反らない!

親指まで反っちゃって・・

 

「指を反らない」とこのホームページでは死ぬほどお伝えしていますが、
左人差し指も反ってはなりません。

 

左手は素早く動くことも必要ですから、なるべく機能的に動けるようにしたいです。

 

あと、反っているのは、第一関節にだけ常に負担がかかり、あまりよくないですねー。

付け根で楽器を支える

親指と支えます(^◇^)

 

親指と人差し指の付け根で、楽器を支えます。
親指と挟むことで、バイオリンを支えます。

 

人差し指に力を入れるというよりは、
”左手で支える意識を持つ”くらいでいいと思います。





左手はバイオリンを支えます。あごと、左手の両方で支えます。”基本は左手で支えている”と思った方が良いです。その時には、親指と人差し指の付け根で支えます。

人差し指は”指番号の1”の指です。音符の上に「1」と書いてあったら、左人差し指で押さえます。「0」は何も押さえない、という意味です。人差し指も離します。先生が「そこは1(いち)が良いんじゃないかな〜」と言ったら、人差し指で押さえて下さい(^o^)

中指は2の指です。あと、一番押さえやすい指かもしれません。力がある指ですし、ビブラートの練習も、最初は2(に)の指から始めます。

1、2、3ときて、最後の4の指です。この指は、弱い指なので、少し鍛えるくらいに考えていると良いと思います。弱い、というよりは、細いから重さが出ない、というのが大きいですね。2リットルのペットボトルを小指一本で支える!なんてトレーニングをしていると、腱鞘炎になります(笑)強くするといっても、限界があるような気がします。私も、小指をたまに痛めますし、他の指よりは強くしづらい感じがしています。小指だけに...

左手首は、曲がっていることが大事です。死ぬほど大切なので、よく覚えて下さいね(^_^)

まずはワキを開きます。ワキが閉じてしまうと、楽器が下がります。まずは、しっかりと左脇が開くようにしましょう。武道では、「わきを締めろ!」とか、「わきが甘い!」などと注意されますが、バイオリン演奏に関しては、ワキが開いていないとダメです。

左肩は絶対に上がらないように、気を付けます。左肩が上がらずに、左腕を上げるようにします。バイオリンを支えようとして、左肩って上がりやすいんですよね。左肩を上げても、良いことなにもないです(^_^)まずは左肩を下げるように意識♪

人差し指を押さえる!この時に”4の形”を崩れないように!他の3本の指が弦の上空にきちんといるように!

バイオリンは上げた方が良いのか、下がった方が良いのか。そんな疑問にお答えします。バイオリンは上げましょう!左手で上げましょう!(肩はアガラナイヨ)バイオリンをアゲるためには、左手の高さが欲しい・・・!左手の高さとは・・・?左手に高さがあると、指が楽ですよ♪高さがあると、良いことだらけ!

左手の押さえる4本の指、右手の親指と小指は爪を短くしましょう♪短いと、音が出やすくなります。ていうか、爪が長いと、指板に当たって押さえづらくないですか?左指の爪が長いのは、音にとってもよろしくないんです。

指は根元から動かすのが、一番良いです。第一関節や第二関節は十分な力を出せません。根元の関節から指を動かしましょう♪

親指の根本の関節はどこでしょうか?ここかしら?いったいどこなんだーーーーーー!