弓を飛ばす

写真では分かりづらいですが、飛ばしています(笑)

 

スピッカートは弓を飛ばすんです!

 

弓をはねさせながら、演奏する技術を「スピッカート」と呼びます。

 

スタッカートと全く同じ記号がついています。

 

スタッカートでも、弓を上空にあげるスピッカートか、弓を浮かさないで止めるスタッカートの2種類あります。

 

今回はこの難しいスピッカートについてご説明します。

 

スピッカートがまともに出来るようになるには、かなり時間がかかります。

 

いきなりできなくても、それは至極当たり前でございます。

 

1年とか、それくらいかけて、習得していくものです。

 

私も、2年くらいはかけましたね。

 

見てると簡単にできそうなんですが、なかなかできませんでした。

 

できたのは中学2年生くらいかな?音大志望のくせにかなり遅いです(^o^)

 

スピッカートは、速いところで、音が美しく、かつ華やかに聴かせる効果があります♪

 

弓を止めるより残響を残しながらスタッカートの音色を出せるからですね。

 

 

弓がなぜはねるか

しなりを利用する!

 

弓は、木の棒と毛しかありません。

 

しかし、どちらも”しなり”があります。

 

しなる、つまり、曲がったら戻ろうとする力が働く、ということです。

 

形状記憶メガネのように、曲げても戻るんです!

 

スピッカートでは、この木のしなりを意識します。

 

バネのように、弓がしなると戻ろうとする力が発生します。

 

これを最大限に利用します。

 

しなりを邪魔しないで、ちょっと助けるようにするのが、スピッカートのコツです。

まず上空から落とす

ぶつけないの!

 

弓を飛ばす時は、まず上空から落とします。

 

上空3〜5センチくらいから落とします。

 

1、ぶつけるのではなく、落とす!

 

2、弓はバウンドして跳ね上がります。

 

3、そしたらまた落とします。

 

4、バウンドします。

 

 

 

わずかに右手首でバウンドを増やします。

 

バスケットボールのドリブルみたいなもんです。

 

弓のバウンドは2センチかそれくらいあれば十分なので、

 

非常に力のいらないドリブルです(^_^)

手首の上下運動

この縦の動きに括目せよ!
「こっちおいで〜」の時の動きと同じ

 

めちゃめちゃ大切なことなのですが、
手首の上下運動で、スピッカートは行います。

 

ボールを手首だけで投げる動きです。
縦の動きなのです。

 

まったくの縦の動きだけでは、音がパサパサしやすいので、
腕の全体で横の動きを出してあげます(弦を横に振動させる!)

 

特にフォルテの時は、横に振動させながら強い音でスピッカートしてあげます。

 





スピッカートは弓を飛ばすんです!弓をはねさせながら、演奏する技術を「スピッカート」と呼びます。スタッカートと全く同じ記号がついています。スタッカートでも、弓を上空にあげるスピッカートか、弓を浮かさないで止めるスタッカートの2種類あります。今回はこの難しいスピッカートについてご説明します。スピッカートがまともに出来るようになるには、かなり時間がかかります。いきなりできなくても、それは至極当たり前でご...

指で弦をはじく奏法を「ピツィッカート(pizziczto)」と言います(^-^)「pizz.」と書いてあったらはじきます!ピザじゃないのよ。はじくだけですが、色々とコツのようなものもあります♪あまり上手じゃないんですが、一応動画ものせておきます。ピチカートが上手いなー!って人はあんまりいないですよね。

バイオリンのフラジオは、通常奏法ではありませんが、よく使われる演奏法です。ハーモニクスとも言います。フラジオは、専門的には、倍音奏法と呼ばれます。弦の倍音の音を、鳴らす、技法です。

バイオリンで3つ以上の重音を弾く時はどうしたら良いのでしょうか?しっかりと弓を2本の弦に置けば、弦を2本同時に弾くのは簡単です。(弾けない人はチューニングで練習!)さて、3和音、4和音を弾く時の原則をお伝えします。和音の弓の使い方の、原則です。和音はダウンで演奏するのが原則です。アップボーでは、腕の重さが使いづらい、人差し指で圧をかなりかけないといけない、など、あまり良いことがないのです。どうして...

左手のピチカート(ピツィッカート)は、超絶難しいです。「ピチカート」だとアマチュアっぽいので、「ピツィッカート」と言った方が通ですね♪このサイトでは、グーグルやヤフーで検索されるワードが「ピチカート」なので、”ピチカート”と表記しています。普段は100%「ピツィッカート」と言ってます(^o^)さて、左手ピツィッカートのお話です。左手で音を押さえて、左手ではじく!なんと非効率で無駄なことでしょう(笑...

超絶難しいワンボースタッカートですが、意外とやり方は単純です。とはいっても、これを習得するのは、相当な時間がかかります。1年とか2年とか、普通にかかります。音楽家を志す人は、早めに練習すると良いです!早く出来るようになれば、大きくなった時にさらに習熟しますからね。小学生でも出来る子は出来ます。私は、高校2年くらいにようやくアップのワンボースタッカートが出来るようになりました。できれば、もっと早くで...

自然フラジオレットの場所について、お伝えしたいと思います。自然フラジオレットとは、開放弦の倍音を出す奏法です。自然フラジオレットは、開放弦の倍音しか出せない音が限定されますが、とても豊かに響きます。反対に、人工フラジオレットは、好きな音のフラジオレットを出せます。<自然ハーモニクスで出せる音>A線の開放弦は440ヘルツですが、880ヘルツ、1320ヘルツ、1760ヘルツ、2200ヘルツ、2620ヘ...