バイオリン演奏でありがちなビブラート

うまくいかない!

 

ビブラートはきれいにかけるのが難しい
という方はたくさんいます。

 

よくありがちな例を見ていきましょう。

幅が小さい

力が入ると動かない・・・!

 

ビブラートの幅が小さい方がいます。
これは、最初から速くビブラートをかけようとしているからです!

 

力が入りすぎて、幅が小さくなるのです。

 

最初はゆっくりと、大きな動きで練習しないと、
良いビブラートは決してかかりません。

 

まずは、ポジションチェンジの練習をしてみましょう♪

腕からかからない

手首から先の動きではむつかしい

 

腕からビブラートがかからない、
手首から先しか動かない方がいます。

 

もちろん、手首からビブラートをかけよう、という方は、それで良いです。

 

 

手首からしか動かない原因は、ポジションチェンジの動きを練習していないことがあげられます。
ポジションチェンジは肘から先でしかできませんから、
まずは、肘から先が一本で動くように訓練しましょう。

最初から指が寝ている

ビブラートは起きた状態から倒す!幅を確保

 

ビブラートをかける前から、
指が寝ていると、倒れる幅が少ないので、
ビブラートがかかりにくくなります。

 

指の角度が変わることでビブラートがかかります。
まずは最初に指を押さえた時に、しっかりと指が立つように!

 

第二関節をしっかり立てるように意識しましょう!





ビブラートをなぜかけるか、それは演歌歌手の歌を聴けば分かるかもしれません。ビブラートをかけることで、より音の起伏が出やすくなり、ゆたかな表現になります。一本調子で「あーーーーーーーーーーーーー」って歌う人はプロではいないですよね(*^_^*)初音ミクのようなロボット的な歌い方は、プロではないですよね?初音ミクは、声質が非常にきれいなので、ビブラートがかかっていなくてもフツーに聴けるのですよ(多分)...

ビブラートはきれいにかけるのが難しいという方はたくさんいます。よくありがちな例を見ていきましょう。

ビブラートの動きについて、写真で細かく説明していきます。まずは指を押さえます。指をしっかりと立てるようにして下さい。指が寝ると、ビブラートがちゃんとかかりません。第二関節をしっかりさせるようにしましょう。左手首も反らないように!

ビブラートがある程度できるようになったら、今度はどのような速さでビブラートをかけるか、という事も考えたいです(^o^)ビブラートは音に表情をつけるものです。ビブラートの速度で、音の性格が変わります。ビブラートの要素は”速さ”と”幅”です。速さが決まれば、おのずと幅は決まるので、まずはビブラートの速さについて考えていきたいと思います。ビブラートの速さで、音の表情を変えていくのです。