バイオリンのの指弓(ゆびゆみ)って何?

バイオリンを習っている方で、
”指弓(ゆびゆみ)”
という言葉を聞いたことがありますか?

 

いわゆる一般向けのバイオリン教室では、あまり聞かれないと思います。

 

超高等テクニックなのですが、地味です(笑)

 

これは、弓の返しの時に、指を動かす(動く)、というものです。

 

アップからダウンに変わる時に、右手の指が動くことに注目してみてください。

 

一流の奏者は、弓の返しで右手の形が変化しているはずです。

 

 

右手の小指や、手首の角度など、柔軟に動いていますよね。

 

パールマンは、右手の小指を離して演奏していますが、
基本的には小指はつけたまま演奏できないとダメです!!

 

小指を離す動作だけマネしても、残念ながら上手く弾くのは無理なんです。

 

 

パールマンのように
「音楽の表現に必要だから、小指を離す」
というのと、

 

「あー小指が離れちゃった」
「なんか楽だから小指離してみた」
というのは、雲泥の差があります。

 

 

小指を離さないで弾けるようにならないと、上手くなりませんよ(^o^)

 

 

パールマンの右手首は、本当に美しいですね!!

 

本物の脱力が出来ていると、一流の音になるんですね〜。ホレボレします・・。

指弓の効果効能

指弓を使うと、何が良いのでしょうか?

 

まず第一に、弓の返しが聞こえにくくなります。

 

弓を返すたびに
「ガツ・・・・・・・ガツ・・・・・・」
という音が聴こえたら、スマートじゃないですよね。

 

アップからダウンに返る時に、ガツッてなりやすいでしょ?

 

私もなるもん(`・ω・´)

 

相当気を付けても、未だになります・・。

 

 

弓を返した時に、なるべくつながって聞こえたい!

 

そのための工夫が、指弓です。

 

簡単そうに聞こえますが、弓の返しは非常に難しいです。

 

弓の返しの問題は、いつまで経っても難しいです。

 

弦楽器奏者の永遠の課題といえますね。

指弓のやり方

指弓のやり方は簡単です。

 

 

指弓では、ダウンになった時に、右手の指が全て曲がります。

 

5本全てが、曲がります。

 

ダウンは、指を曲げる、と覚えてもらっても良いくらいです。

 

そう言うと、アップで指を伸ばす方がいるんですが、それは違うんだな!!

 

アップも右手の指は全て曲がっています。

 

ダウンになると、さらに曲がるということです。

 

 

実際には、手首が低くなるから右手の指が曲がるのです。

 

手首ありきなんです。

 

ということで、指弓では、手首の重心が変わるように意識しましょう。

 

アップでは手首の重心が高く、
ダウンでは手首の重心が低くなる。

 

手首の重心が下がるから、結果として、右手の指が曲がるのです。

 

右手の指は脱力していることが必要なんですよ!

 

右手の指は勝手に曲がる、というのが、正確な表現です。

 

右手に力が入っていたら、右手の指は動かないはずです。

 

「弓を持とう持とう」
と右手が固くなると、難しいんですよ。

 

最初から、完全な指弓なんて、できっこありません!

 

指弓は超絶技巧よりも難しいんです!

 

ですから、まずはダウンで指がどう変化するか、覚えてしまいましょう!

 

ダウンになったら、右手の指が5本とも曲がる

 

指弓を全くやった事がない方は、指を曲げてみましょうね。

 

いきなり脱力しろ、なんていっても不可能ですから、まずは指の曲げ伸ばしの習慣を作ってみてください(^o^)





弓の毛が弦をこすると、音が出ます。単純ですが、バイオリンの音が出る仕組みはそれだけです。バイオリンの箱の中で、共鳴しやすい仕組みもあります。良い材木を使う、というのも音がよく鳴るためには必要です。でも、本当に弓の毛が弦がこする、これしかしていません。

ダウンボー(down bow)は、「下げ弓(さげゆみ)」とも呼びます。右手を下の方向に下げていくのが、ダウンボーです。「そこダウンで!」のように、”ダウン”と呼ぶ事が多いですねー。下に下げる、というよりは、「右腕が体から遠くなるのがダウンボー」という方が近いかもしれませんね。

アップボー(up bow)は「上げ弓(あげゆみ)」と呼びます。腕を持ち上げる方向に動かします。単純にダウンの逆ですね。「そこはアップから」「アップスタート(最初の音がアップボー)」なんて使います(^_^)

弓の場所といえば、・弓元・弓の真ん中・弓先の3つがあります。弓の場所は、基本的には3分割して考えます。厳密に3分割するのではなく、大体3分割かなあ?くらいでOK!!弓の場所では、使う場所は、毛の部分で考えます。

ボーイング(bowing)とはなんでしょうか?日本語では「運弓(うんきゅう)」と言います。つまり”弓をどう使うか”です!簡単にいうと、弦に対して90度に弓を動かすだけなんですけどね。それが難しい・・・!さあ出来るもんならやってみろ!(^-^)

弓は弦に対して直角に使います。え?死ぬほど聞いたって?それは良かった(^-^)では次、どこで使うのでしょうか?こまと指板のあいだです!

”スピード×重さ=エネルギー”こんな式を見たことがありますか?もしかしたら音大生は見たことないかもしれませんね・・・。音大生ってアホです(笑)音楽の勉強しかしていないので、一般教養に乏しい(^◇^)芸大なら頭良さそう?そんなことないですよ・・。上手い人は大抵頭も良いんですが、勉強の知識はやはり一般大学の方よりも絶対に劣ります。物理の運動エネルギーの式ですが、軽い物でも、ものすごいスピードで当たると...

弓の基本中の基本に、「弓を弦と直角になるように使う」という教えがあります。これが難しいのです!直角に使う、ただこれだけのことなのですが、これがなかなかできません。弓の直角について考えていきましょう♪

右腕は体の近くを通るようにしましょう!なるべく体の近くを通ることで、最小限の努力で音を出すことが出来ます。特に、右肘が体の近くを通るようにします。”右肘を下げろ”ってことです(^_^)

弓の使う量はコントロールしないといけません。弓の使う量で、音量が決まります。弓の配分を考えないと、音がどうでるのか、出たとこ勝負になってしまいますよー。

2分音符は2つ数えます。1つ数えて真ん中まで行き、もう1つ数えて先まで行きます。1つ数えることを「一拍(いっぱく)を数える」ともいいます。まず2分音符を一拍ずつ、弓を2分割して弾く練習をしましょう。

弓を3つの部分に分けます。これは、厳密に3分割でなくて大丈夫です。2分割の場合は、結構しっかりと意識した方がいいですが、3分割の場合はおおざっぱに考えることが多いです。3分割で考えて、使うと、コントロールしやすいところがあります。

ダウンボーの時と、アップボーの時で、手首の重心が変わります。これはとっても大事なことなのですが、手首の重心が変わることで、右手の指の角度も変わります!

体を動かす前には準備運動が必要ですよね♪学校の授業では必ず体操してから、運動していたと思います。弓を動かす前にも、準備が必要です。その準備は、指にクッションを作る動きです。弾きだす時に弓を「ガツッ!」と置いている方はいませんか?弓を置く前に”クッション”を作るのです。

弓は、あまり寝せない方が、強い音だったり、良い音を出しやすいです。寝せると、木(スティック)が弦に当たったりします。寝せると、弓も横にしなるので、ねじれが出たりします。

あくまで、弓は立てるのが基本です。ですが、少し弓を倒して使うこともします。弱い音を出すためだったり、弓を速く使うためだったりします。倒しちゃいけない訳ではないのですね(^-^)

よく「脱力が大事」なんて言いますが、徹底的に脱力をすれば、人間は崩れて地面に寝てしまいます。バイオリン演奏において、脱力とは、”必要のない余分な力を抜く”ことが必要です。少ない労力で、最大限の結果を出す。その為の脱力です!

ボーイングでは、2つの大原則があります。他のページでも再三書いていることですが、今度は動画でおさらいしてみたいと思います(^-^)この2つの大原則は、バイオリンが上手くなればなるほど、忘れがちになります。音大生でも、出来ていない人が結構います。自分もまだまだですが(`・ω・´)超基本中の基本の基本!!!ボーイングの大原則について、動画でお話しています。

バイオリンの弓をまっすぐに使う、これは聞けば簡単そうに聞こえます。しかし、なかなかまっすぐにならない!!私も、20年以上、なかなかまっすぐになりませんでした・・。しかし、色々と、腕の使い方を直していくうちに、だんだんとまっすぐになってきました。ここではまっすぐに使うコツをお教えします。

ボーイングしているときに、”弓の傾き”は意識していますか??弓の傾きは、音に密接した、非常に大切な要素です。弓を傾けるか、傾けないのか、しっかりと見ていきましょう!とりあえず動画をはっておきます(^-^)

バイオリンを習っている方で、”指弓(ゆびゆみ)”という言葉を聞いたことがありますか?いわゆる一般向けのバイオリン教室では、あまり聞かれないと思います。超高等テクニックなのですが、地味です(笑)これは、弓の返しの時に、指を動かす(動く)、というものです。アップからダウンに変わる時に、右手の指が動くことに注目してみてください。一流の奏者は、弓の返しで右手の形が変化しているはずです。右手の小指や、手首の...

バイオリンを弾いている時、右肘の高さは意識されていますか?適正な高さにないと、しっかり音が出ない、または、音が汚い、という音が悪くなります。右肘の高さで音の良さが決まるといっても良いでしょう。右肘が適切な高さにくれば、音量も出るし、音もつぶれないのです。バイオリンの美しい音を出すためには、肘の高さが良い位置にあるのは、必要不可欠だといってよいです!!今回は、右肘の高さをどのように変化させるか、見て...