バイオリンと肩こり・肩甲骨痛・肩関節周囲炎



 このエントリーをはてなブックマークに追加

バイオリニストは肩がこる

バイオリンを弾く人は、ほぼ100%肩がこります。

 

肩こりの自覚がある、ない、に関わらず、子供でも大人でも肩はガチガチです。

 

バイオリンを左肩と首の間に挟んで弾く、というのが原因の一つです。

 

 

バイオリンを弾く限り、肩こりからは逃げられないと思ってください。

 

肩こりを軽減しよう

バイオリンを弾いている限り、肩こりからは逃げられません。

 

しかし、肩こりが最小限になるよう、努力すべきです。

 

肩こりの程度は、人によりますが、ほとんどの人は鉄板並みの肩こりです(笑)

 

体の痛みに敏感な人、鈍感な人、といて、鈍感な人は肩こりに気づきにくいです。

 

とにかく、肩への負担を軽減することを考えましょう。

 

肩こりを軽減する姿勢

肩こりを軽減するためにできることを紹介します。

 

 

左肩を前に出さない

 

肩こりの原因大半は、左肩を前に出してバイオリンを支えようとすること、にあります。

 

左肩を上げてしまう人も多いですね。

 

左肘の位置も、あまり内側に入らないようにすると良いです。

 

左肘が内側に入ると、左肩が前に出ます。

 

 

 

右肩を肩甲骨から動かす

 

バイオリンの肩こりは、大半が左肩に問題がある場合が多いです。

 

しかし、右肩も意外と負担はかかります。

 

バイオリンを弾くときに右肩に力が入ると、それだけで肩こりの完成です。

 

なるべく力を使わずに、水泳のクロールのように肩甲骨から右腕が動くと良いでしょう。

 

右肩は常にリラックスして動くようにすると、肩こりの軽減に大いに役立つはずです。

肩甲骨の痛み

長年バイオリンを弾いていると、肩甲骨のあたりに痛みを感じることもあります。

 

肩関節周囲炎、なんて名前がつきます。

 

 

私の弾き方がまずいのかなーと思うのですが、周囲のバイオリン、ビオラ奏者に聞くと、

 

「あー分かる!肩甲骨の中心あたりが痛くなることはある」

 

とのことです。

 

 

 

耐えられないほど猛烈な痛みの場合は、整形外科で注射を打ってもらうと良いと思います。

 

一番痛い部分を探し、なるべくピンポイントで注射をしてもらうと効果が高いです。

 

即効性もあり、「痛いけど弾かなくちゃならない」
といったときは、注射に頼るしかないでしょう。

 

バイオリンと肩こり

バイオリンを弾いている限り、肩こりはどうしてもつきまといます。

 

肩こりとはいっても、実際に凝っているのは首の筋肉だったりするので、一概に肩だけの問題とは言えません。

 

肩の筋肉は、首とつながっているものがほとんどですので。

 

なるべく良い姿勢(肩を前にも上にも出さない)で、肩に力を入れないようにして、肩こりを防ぎましょう

 

肩こり防止に水泳は良いそうです!

 

水泳をやっているバイオリニストは、ほとんど肩こりと無縁の生活をしていると言っていました。

 

元々体が柔らかかったり、ストレッチを念入りにしている、など、他の努力もあるかと思いますが、世界的バイオリニストの諏訪内晶子さんも水泳を勧めていますね。

 


管理人のコンサートを行います。
0才児の赤ちゃんから大人まで、みなさんで楽しめるように、コンサートの年齢制限をなくしました。
コンサートの詳細はこちら!

バイオリン上達.comメルマガ

【バイオリン上達.com公式メルマガ登録フォーム】

メールアドレス


お名前









 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

最も病気になりやすい楽器とは?バイオリン上達.com

楽器演奏は楽しいものです。しかし、楽器演奏が原因で、体を壊してしまう人も中にはいるそうです・・・。あるフランスの調査では、プロ演奏家の70%は体に不調を抱えながら演奏しているのだとか。意外だと思いませんか?楽器演奏は、体に負担がかかる、肉体労働の側面を持ち合わせているといえるかもしれません。

≫続きを読む

バイオリンと腱鞘炎・指の酷使

バイオリンは、指を使う楽器です。バイオリンの弦の張力は、一本あたり5kgほどあり、押さえる左手には負担がかかります。バイオリンで左手の指が痛い!という人は、割とよくいますね。逆に、右手の腱鞘炎というのは、今のところ聞いたことがないです。バイオリンは左手に腱鞘炎が起こる楽器

≫続きを読む

バイオリンと肩こり・肩甲骨痛・肩関節周囲炎

バイオリンを弾く人は、ほぼ100%肩がこります。肩こりの自覚がある、ない、に関わらず、子供でも大人でも肩はガチガチです。バイオリンを左肩と首の間に挟んで弾く、というのが原因の一つです。バイオリンを弾く限り、肩こりからは逃げられないと思ってください。

≫続きを読む

バイオリンと首の痛み・ストレートネック・頸椎ヘルニア

バイオリン弾きと首の痛みはかなり密接に関係しています。バイオリンを弾くときに、首にバイオリンを挟み、かつ頭を左に傾けます。頭をずっと左に傾けた状態が、首の健康に良いと思います?良いわけないよねー!首が変形しそうだよね!!

≫続きを読む

バイオリンと腰痛・ぎっくり腰

バイオリンと腰痛について。腰痛については、座ってバイオリンを弾くと、腰痛になりやすくなります。立って弾いている場合は、腰痛にはなりにくいように思います。オーケストラなどで、座って弾くようになってから、腰というか、あばらの横あたりが痛くなるようになりました。

≫続きを読む

バイオリンと顎関節症・顎が開かない痛み

バイオリンを弾いていると、顎関節症も割と起こりやすい病気の一つです。顎関節とは、下の顎の付け根の関節です。耳の穴のすぐ前に、顎関節があります。顎関節がおかしくなると、口が開きづらくなります。私自身は、顎関節症と診断されたことはないですが、左側の顎が若干開きづらいです。左側の顎関節が「カクッ」という音...

≫続きを読む

突発性難聴・メニエール病・急性低音障害型感音難聴の恐怖

突発性難聴は、とても怖い病気です。突発性難聴は早期治療をしないと聴力を失うバイオリンをやっている、音楽家にとって、耳は命です。耳が聞こえなくなったら、音楽家は終わりです。作曲家でもない限り、失業です。しかし、難聴は突然やってくる!突然襲ってくる難聴としては・突発性難聴・メニエール病・急性低音障害型感...

≫続きを読む

子供バイオリニストは突き指を防ぐため体育球技を休むべきか?

バイオリニストを目指す子供にとって、突き指は練習の敵です。バイオリン以外の弦楽器、ピアノ、等も、突き指すると非常に困る楽器です。突き指の危険がある球技としては、バスケットボール・バレーボール・サッカーのキーパー・野球など。特にバスケットボールとバレーボールは突き指が起こり得る球技です。バイオリニスト...

≫続きを読む

バイオリン奏者の痛みにおすすめの病院

バイオリンを弾いていると、どうしても身体に異常をきたしてしまうことがあります。・肩が痛い・腰が痛い・首が痛い・指が痛いといった、体の痛みに、対応してくれる、音楽家向けの病院を紹介します。

≫続きを読む



 このエントリーをはてなブックマークに追加