バイオリンの早期教育について



 このエントリーをはてなブックマークに追加

バイオリンの早期教育について

バイオリンは、早期教育が大事、ということは、昔から言われています。

 

3歳から6歳までに始めないと、バイオリン奏者になることは難しい、と。

 

実際にどのようなことをすればよいのか、個人的に思うことを書いていきます。

 

早期教育については賛否両論ありますが、人より優れた能力を育てるためには、早期教育が必要な可能性も十分考えられるのではないかと思います。

 

バイオリンの早期教育について記事一覧

赤ちゃん向けのバイオリン早期教育

赤ちゃん教育、という言葉がありますが、もし音楽家・またはバイオリニストに育てるためには、どのような教育をしたらよいのでしょうか?赤ちゃんには、バイオリンとか音楽とかよりも、まず生きることを覚えるべきという気がしますが(笑)ミルクを飲む・寝る・ハイハイする・立ち上がる練習をする・・・などなど。まず教育...

≫続きを読む

音楽家が選ぶ赤ちゃんのための音の出る絵本・おもちゃ

音楽家が選ぶ音の出る絵本を紹介します。「赤ちゃんだから、音が出ればなんでも良いや」という考えでは選んでいません。赤ちゃんだからこそ、良い音、綺麗な声、良い音程に慣れ親しんでおくべきです!「なんか音がきれいじゃない」「歌が上手でない」」「音程が悪い」といった絵本は、すべて除外してあります。音感が良くな...

≫続きを読む

バイオリン上達.comメルマガ

【バイオリン上達.com公式メルマガ登録フォーム】

メールアドレス


お名前











 このエントリーをはてなブックマークに追加