ペーターインフェルドを張ってみてレビュー



 このエントリーをはてなブックマークに追加

ペーターインフェルド

ペーターインフェルドを張ってみました!

 

ペーターインフェルドは、インフェルド社の社名がそのまま入った弦です!
相当気合を入れて作った弦なのでしょう。

 

このペーターインフェルドの弦を使っている人は、結構多く、周りにも数人います。
アメリカのソリストも、使っている、という噂です(本当かどうは知らん)。

 

インフェルドを張って弾いてみたよ

ペーターインフェルドを張って、弾いてみました。

 

 

張りのある音色で、パワーもあり、使いやすい弦です。
ドミナントよりも、パワーはあるように思います。

 

しかし、パワーがあるからといって、必ずしも楽器と相性が良いわけではないので、注意が必要です。
私の楽器の場合は、ペーターインフェルドより、ドミナントの方がより音が鳴っているような印象です。
音が解放されているような印象といったらよいのでしょうか・・。

 

相性もあるでしょうし、弦にも微妙な個体差があるので、まあ本当のところは張ってみないと分かりません。
オリーブの中でも、最高の状態のオリーブを探して、売っているお店もあるらしいです。
確かに普通のオリーブよりは、よく音量が出て太い音がしていました。
まあ個体差を言い出したら、永遠に終わらないですしおすし・・・

 

この弦は、エヴァピラッツィよりはパワーがほんの少し落ちる感じがしました。
しかし、オーケストラでは結構使いやすい、柔かい音が出しやすい、という特徴があるように感じています。
実際に、オーケストラでは他の弦よりも、かなり使いやすくて、それでいてパワーがある音色です。

 

エヴァピラッツィは、気を付けないと、音が立ちすぎて、オーケストラに向かない恐れもあります。
オーケストラの中では、エヴァピラッツィより、断然使いやすいです。
だからオーケストラでもみんな使っているのかな?

E線はまるでだめ

ペーターインフェルドは、E線がひっくり返るのが気に入らないですね。
E線がひっくり返りやすいと、イライラしません?

 

せっかく録音していても、ひっくり返ってしまうし、録りなおしてもひっくり返るし!
銀線なのに、ひっくり返りやすいのは、珍しいかも?

 

”金線はひっくり返る”というのは定説なのですが、
ペーターインフェルドのE線は銀線なのにひっくり返る!!

 

このE線は最悪です。
どんなに音が良くても、ひっくり返りやすいものはダメだ。
そんなに音が良いとは思いませんでしたが・・・。

 

E線だけは、別の弦をはった方が良いですよ。
頭きたんで、1週間で捨てました(笑)

 

他の方も
「E線は良くない」
と言っていましたね・・。

 

私はコレルリアリアンスのヴィヴァーチェを張っています。
安くて、ひっくり返りにくいです。

 

他にも良いE線ないかなあ。

バイオリン上達.comメルマガ

【バイオリン上達.com公式メルマガ登録フォーム】

メールアドレス


お名前









 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

バイオリンの弦の選び方が分からない?ナイロンとガットとは?

バイオリンの弦には2種類の材質があります。1つはナイロン弦、もう1つはガット弦!(※一番細い、E線はスチール弦だよ。)・ナイロンは合成繊維で、強い音が出る・ガットは羊の腸で、柔らかい音が出るという特徴があります。4弦全てスチール弦、という弦もありますが、かなり少数派ですね。どちらも良さがありますが、...

≫続きを読む

もう狂わない!バイオリンの弦の巻き方!

バイオリンの弦は楽器を正面から見て、左からG線、D線、A線、E線と並んでいます。この弦の順番は必ず覚えてください。次に、糸巻きの部分を見てみましょう。左下がG線、左上がD線、右上がA線、右下がE線となっています。このペグ側の順番を間違えたらエライコッチャです!!でも、ナットの上の、弦の流れを見れば、...

≫続きを読む

バイオリンの弦の交換(動画説明あり)

私はバイオリンを20年もやっていて、当たり前のように弦の交換をしています。最初の頃は結構難しいと感じたものです。とくにバイオリンに慣れていない初心者の方に弦の交換は敷居が高いようです。私は2月に1回は交換していてかなり慣れています。それでも弦の交換は、バイオリンをされている方の一大イベントだといって...

≫続きを読む

オリーブを張って弾いてみた〜バイオリン弦の比較〜

「バイオリンの弦ってたくさんあるけど、どれが良いの?」なんて思ったことはありませんか?バイオリンの弦は非常に種類が多く、全部試していると、お金もかかるし、時間もかかるしかなり大変です。そこで、同じバイオリン、同じ弓、同じカメラで条件をそろえることで、音色の違いをなんとなく比較できるのではないか、と考...

≫続きを読む

ドミナントを張って弾いてみたよ〜バイオリンの弦の比較〜

「バイオリンの弦といえば、ドミナント」と言えるくらい、超定番の弦が、ドミナントです。ドミナントなら、ドミナントは、安価でクセがなく、音の伸びが良いことが特徴です。バイオリンの個性が一番分かりやすい弦だと言えるでしょう。パワーのある楽器だと、音がザラザラになる場合もあります。バイオリンによっては、あま...

≫続きを読む

エヴァピラッツィを張って弾いてみた〜バイオリン弦の比較〜

弦の比較の第三弾は、エヴァピラッツィです!エヴァピラッツィは有名な人気弦ですよ。ドミナント・オリーブと並んで、人気の高い弦です。音大生は、エヴァピラッツィ使う人が多いです。音が華やかだし、コンクール向きです。これもなかなか良い弦の一つです。

≫続きを読む

ペーターインフェルドを張ってみたよ〜バイオリンの弦の比較〜

ペーターインフェルドを張ってみました!ペーターインフェルドは、インフェルド社の社名がそのまま入った弦です!相当気合を入れて作った弦なのでしょう。このペーターインフェルドの弦を使っている人は、結構多く、周りにも数人います。アメリカのソリストも、使っている、という噂です(本当かどうは知らん)。

≫続きを読む



 このエントリーをはてなブックマークに追加