弦、どこが何の弦かわかりますか?



 このエントリーをはてなブックマークに追加

バイオリンの弦の巻き方

バイオリンの弦は楽器を正面から見て、
左からG線、D線、A線、E線と並んでいます。
この弦の順番は必ず覚えてください。

 

バイオリンの弦の順番!

 

次に、糸巻きの部分を見てみましょう。

 

バイオリンペグでの弦の順番

 

左下がG線、左上がD線、右上がA線、右下がE線
となっています。
このペグ側の順番を間違えたらエライコッチャです!!

 

でも、ナットの上の、弦の流れを見れば、間違えないで済むのではないでしょうか。
下から伸びている弦が、上のどのペグに向かっているのか見てください!
バイオリンペグボックスの中の弦の並び方

 

 

読み方は
G線(ゲーせん)、D線(デーせん)、A線(アーせん)、E線(エーせんまたはイーせん)

 

読みはドイツ語です。
E線は”イーせん”と読んだ方が、間違いがありません。

 

「エーせん」⇒A線(英語)?それともE線(ドイツ語)?ってなるからです(^_^)

バイオリンの弦の巻き方!!

まずは穴に弦を通す!
穴から1.5〜2センチ弦を飛び出させておくといいです。
弦が飛び出るように、しっかりと穴を通す!
弦をしっかり飛び出すまで穴に通すのが、弦の巻き方の基本中の基本です。
飛び出した方が良いですよー

 

しっかり飛び出させないと、弦が狂いやすくなります。

 

 

1回転を過ぎたら、内側から外側に向けて交差させます。
弦同士を交差させる事で、弦を弦で押さえることができ、狂いにくくなります。

 

すでに巻いた弦を、弦で押さえつける!

 

 

あとはペグを押し込んで、なるべく弦を外側に引っ張りながら張っていきます。

 

左にひっぱりながら!

 

ある程度、巻いたら、
ボールをテールピースに入れ、駒とナットの溝の上に弦を置きます。

 

ミゾを同じ所へ!

 

 

あとはひたすら外側に弦が行くように巻いていき、完成です。

 

こんな感じになればOK!

 

チューニングする

仕上げにチューニングします。

 

右から二番目の弦、
A線から合わせます。

 

チューニングも難しいですよね・・

 

同じ音かどうかは音を鳴らして、
確かめてください!

 

>>チューニングの詳しい説明はコチラ<<

弦を張る時の注意!

弦を張るとき、注意点が一つあります。

弦は1本ずつ変える、ということです。

 

同時に外すのは多くても2本まで

 

全部の弦を同時に外してしまうと、こまの位置が変わってしまいます。

 

こまの位置が1ミリ変わると、音が変わります。
弦を一本ずつ変えましょう(^o^)/

バイオリン上達.comメルマガ

【バイオリン上達.com公式メルマガ登録フォーム】

メールアドレス


お名前









 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

バイオリンの弦の選び方が分からない?ナイロンとガットとは?

バイオリンの弦には2種類の材質があります。1つはナイロン弦、もう1つはガット弦!(※一番細い、E線はスチール弦だよ。)・ナイロンは合成繊維で、強い音が出る・ガットは羊の腸で、柔らかい音が出るという特徴があります。4弦全てスチール弦、という弦もありますが、かなり少数派ですね。どちらも良さがありますが、...

≫続きを読む

もう狂わない!バイオリンの弦の巻き方!

バイオリンの弦は楽器を正面から見て、左からG線、D線、A線、E線と並んでいます。この弦の順番は必ず覚えてください。次に、糸巻きの部分を見てみましょう。左下がG線、左上がD線、右上がA線、右下がE線となっています。このペグ側の順番を間違えたらエライコッチャです!!でも、ナットの上の、弦の流れを見れば、...

≫続きを読む

バイオリンの弦の交換(動画説明あり)

私はバイオリンを20年もやっていて、当たり前のように弦の交換をしています。最初の頃は結構難しいと感じたものです。とくにバイオリンに慣れていない初心者の方に弦の交換は敷居が高いようです。私は2月に1回は交換していてかなり慣れています。それでも弦の交換は、バイオリンをされている方の一大イベントだといって...

≫続きを読む

オリーブを張って弾いてみた〜バイオリン弦の比較〜

「バイオリンの弦ってたくさんあるけど、どれが良いの?」なんて思ったことはありませんか?バイオリンの弦は非常に種類が多く、全部試していると、お金もかかるし、時間もかかるしかなり大変です。そこで、同じバイオリン、同じ弓、同じカメラで条件をそろえることで、音色の違いをなんとなく比較できるのではないか、と考...

≫続きを読む

ドミナントを張って弾いてみたよ〜バイオリンの弦の比較〜

「バイオリンの弦といえば、ドミナント」と言えるくらい、超定番の弦が、ドミナントです。ドミナントなら、ドミナントは、安価でクセがなく、音の伸びが良いことが特徴です。バイオリンの個性が一番分かりやすい弦だと言えるでしょう。パワーのある楽器だと、音がザラザラになる場合もあります。バイオリンによっては、あま...

≫続きを読む

エヴァピラッツィを張って弾いてみた〜バイオリン弦の比較〜

弦の比較の第三弾は、エヴァピラッツィです!エヴァピラッツィは有名な人気弦ですよ。ドミナント・オリーブと並んで、人気の高い弦です。音大生は、エヴァピラッツィ使う人が多いです。音が華やかだし、コンクール向きです。これもなかなか良い弦の一つです。

≫続きを読む

ペーターインフェルドを張ってみたよ〜バイオリンの弦の比較〜

ペーターインフェルドを張ってみました!ペーターインフェルドは、インフェルド社の社名がそのまま入った弦です!相当気合を入れて作った弦なのでしょう。このペーターインフェルドの弦を使っている人は、結構多く、周りにも数人います。アメリカのソリストも、使っている、という噂です(本当かどうは知らん)。

≫続きを読む



 このエントリーをはてなブックマークに追加