エヴァピラッツィ(evah pirazzi)を張って弾いてみた



 このエントリーをはてなブックマークに追加

弦の比較3回目!!

弦の比較の第三弾は、エヴァピラッツィです!
エヴァピラッツィは有名な人気弦ですよ。
ドミナント・オリーブと並んで、人気の高い弦です。

 

エヴァピラッツィ

 

音大生は、エヴァピラッツィ使う人が多いです。

 

音が華やかだし、コンクール向きです。

 

これもなかなか良い弦の一つです。

エヴァピラッツィ弾いてみた動画

またまた弾いてみました!!
エヴァピラッツィでバイオリンを弾いてみた動画です。

 

 

弾き比べはなかなか難しいです。
なので録音条件を揃えました。
同じ弓で、同じ録音機、同じ曲、同じエコー、これなら比べられますよね。

 

特に同じ曲で比較すると、分かりやすいですよね。
エヴァピラッツィはどちらかというと「キンキンする弦」というイメージがあったのですが、全然そんなことはなかったですね。

 

私のバイオリンにとっては、エヴァピラッツィは非常に相性がよさそうです。

E線も良い!!

エヴァピラッッツィのE線は金線なのですが、これがなかなか良いですね。
とても弾きやすい弦です。

 

金線

 

和音を弾いても、E線がひっくりかえりません。

 

「金線(きんせん)は、ひっくり返る」というのが常識なのですが、これはひっくり返りませんね。

 

E線はなるべく銀線(ぎんせん)を張る、というのが、固定概念としてあったのです。
このエヴァピラッツィのE線は金線なのに良いです。

 

エヴァピラッツィは4本セットで使えます。
弦というのは、セットで買ってバランスが良いように開発されていますから、4本セットで使えた方が良いです。

 

エヴァピラッツィはどういう人におすすめか?

プレッセンダ(1840年製)など、かなり古いバイオリンには、張力が高すぎて相性が良くない場合もあるそうです。

 

弦は張ってみないと、本当の相性は分かりません。
もし動画の音を聴いてみて好きだったら、張ってみてもいいかもしれませんね。

 

どちらかというと、華やかで、ソロで音をバーーーーン!て出したい人向けだと言えるかもしれません。

 

オーケストラだと、少し気を付けないと、音が固くなることもあります。
オーケストラだと、柔かくて周りによく溶ける音の方が良い場合が多いです。
オーケストラメインで活動されている方は、エヴァピラッツィでなくても良いのかなという気もします。

 

私は、全然問題なく、エバピラッツィでオケを弾いているので、使っても大丈夫だとは思いますけどね。

 

柔かい音色を目指す方は、オリーブの方が良いかも。


管理人のコンサートを行います。
0才児の赤ちゃんから大人まで、みなさんで楽しめるように、コンサートの年齢制限をなくしました。
コンサートの詳細はこちら!

バイオリン上達.comメルマガ

【バイオリン上達.com公式メルマガ登録フォーム】

メールアドレス


お名前









 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

バイオリンの弦の選び方が分からない?ナイロンとガットとは?

バイオリンの弦には2種類の材質があります。1つはナイロン弦、もう1つはガット弦!(※一番細い、E線はスチール弦だよ。)・ナイロンは合成繊維で、強い音が出る・ガットは羊の腸で、柔らかい音が出るという特徴があります。4弦全てスチール弦、という弦もありますが、かなり少数派ですね。どちらも良さがありますが、...

≫続きを読む

もう狂わない!バイオリンの弦の巻き方!

バイオリンの弦は楽器を正面から見て、左からG線、D線、A線、E線と並んでいます。この弦の順番は必ず覚えてください。次に、糸巻きの部分を見てみましょう。左下がG線、左上がD線、右上がA線、右下がE線となっています。このペグ側の順番を間違えたらエライコッチャです!!でも、ナットの上の、弦の流れを見れば、...

≫続きを読む

バイオリンの弦の交換(動画説明あり)

私はバイオリンを20年もやっていて、当たり前のように弦の交換をしています。最初の頃は結構難しいと感じたものです。とくにバイオリンに慣れていない初心者の方に弦の交換は敷居が高いようです。私は2月に1回は交換していてかなり慣れています。それでも弦の交換は、バイオリンをされている方の一大イベントだといって...

≫続きを読む

オリーブを張って弾いてみた〜バイオリン弦の比較〜

「バイオリンの弦ってたくさんあるけど、どれが良いの?」なんて思ったことはありませんか?バイオリンの弦は非常に種類が多く、全部試していると、お金もかかるし、時間もかかるしかなり大変です。そこで、同じバイオリン、同じ弓、同じカメラで条件をそろえることで、音色の違いをなんとなく比較できるのではないか、と考...

≫続きを読む

ドミナントを張って弾いてみたよ〜バイオリンの弦の比較〜

「バイオリンの弦といえば、ドミナント」と言えるくらい、超定番の弦が、ドミナントです。ドミナントなら、ドミナントは、安価でクセがなく、音の伸びが良いことが特徴です。バイオリンの個性が一番分かりやすい弦だと言えるでしょう。パワーのある楽器だと、音がザラザラになる場合もあります。バイオリンによっては、あま...

≫続きを読む

エヴァピラッツィを張って弾いてみた〜バイオリン弦の比較〜

弦の比較の第三弾は、エヴァピラッツィです!エヴァピラッツィは有名な人気弦ですよ。ドミナント・オリーブと並んで、人気の高い弦です。音大生は、エヴァピラッツィ使う人が多いです。音が華やかだし、コンクール向きです。これもなかなか良い弦の一つです。

≫続きを読む

ペーターインフェルドを張ってみたよ〜バイオリンの弦の比較〜

ペーターインフェルドを張ってみました!ペーターインフェルドは、インフェルド社の社名がそのまま入った弦です!相当気合を入れて作った弦なのでしょう。このペーターインフェルドの弦を使っている人は、結構多く、周りにも数人います。アメリカのソリストも、使っている、という噂です(本当かどうは知らん)。

≫続きを読む



 このエントリーをはてなブックマークに追加