バイオリンで大きい音がなかなか出ない?



 このエントリーをはてなブックマークに追加

バイオリンで強い音をだす!

フォルテーーー!!

 

楽譜にf(フォルテ)やff(フォルテッシモ)と書いてあったら、強い音で弾きましょう♪

 

え?強い音が鳴らない?

 

そんな人向けに、強い音を出す基本的な技術を確認しましょう。
シンプルですが、なかなか実際に出来ないのがバイオリン!

 

強い音が出ても、鳴らない、響かない強い音は意味がありません。
”良い強い音”について考えていきます♪

圧をかける

うでで!

 

強い音を出すためには、圧力が必要です。
でも、圧力だけではただ音をつぶれてしまいます。

 

必要なのは、

弦を横に強く振動させることです!!

 

腕の圧力で弦を押しつぶそうとしていませんか?
それだと鳴らないんだな。
圧力の押し付けすぎは、振動を止めるのです。
全く圧力がないと、振動しないので、聴きながら調整します。

 

弓にかける圧力もバランスが大切ってことですね。

 

弦を横に振動させるきっかけを強く作るために、弦の最初の食いつきを強く作ってあげます♪
腕の重さをかけるんですよ(^o^)

 

肘の高さが適正な位置にくるようにしましょう。

 

詳しくは右肘のページの写真をチェック(^-^)/

弓を立てる

たてましょう

 

強い音には、弓を寝かせずに立てることが必要です。
弓を寝かせると、その分たくさん毛が使えなくなってしまいます。
寝かせると、弓にかけた圧力エネルギーも逃げます。

 

普通は、弓が向こう側に倒れてしまう場合が多いです。
これ自体は悪いことだとは言えないのですが、強い音を出そうとしても、弓が寝たままでは、損します。

 

※たまに、手前側にずっと弓が倒れている方がいますが、それは演奏上問題外(ヤバい)です!今すぐ直してください!
弓が手前に倒れていることはないようにしてください。

 

普段向こう側に倒している人は、強い音の時に、普段より弓を立てると良いです。

 

弓をしっかり立てて、ぐっと重さを乗せましょう♪

こまの近くで!

こまの近くはここ!

 

こまの近く、とは、指板とこまの間を半分で割り、その手前半分側を指します。
基本的な考えとして、強い音を出したいのに、指板側に弓がすべってしまうのがまずいです。
こまの上に弓がのるのは、やりすぎなので注意(^o^)

 

こまの近くになればなるほど、扱いが難しくなります。
音がつぶれないように、調節しながら、良い場所を探しましょう♪
目安としては、こまから1〜3cmの場所を弾きましょう!

 

弓の場所と、圧力とのバランスをとるのが大切ですよ!


管理人のコンサートを行います。
0才児の赤ちゃんから大人まで、みなさんで楽しめるように、コンサートの年齢制限をなくしました。
コンサートの詳細はこちら!

バイオリン上達.comメルマガ

【バイオリン上達.com公式メルマガ登録フォーム】

メールアドレス


お名前









 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

弾き始める一拍前が大事!バイオリン上達.のコツ

どんな曲であっても、なんとなく弾き始めるのはよろしくないです・・。ただ体が行けそうなタイミングになったから、という理由で弾き始めてはいけない!このテンポで行く!という確固たるタイミングを出さなければいけないのです(^_^)弾き始める前に、テンポが分かる演奏である、というのが大事です。弾き始めてから「...

≫続きを読む

余韻を感じて弾くのがとても大切!バイオリン上達のコツ

バイオリン弾きは、音を弾いたら最後、音が消える瞬間まで、音の処理に責任を取らなくてはなりません。音の消える瞬間!その時までしっかりとコントロールするのです!音が空気に溶けて、減衰しながら消えていく。そんな状態を目指しましょう(^o^)弾き終わりで、雑に弓を上げたりしていませんか?

≫続きを読む

バイオリンで大きい音を出す3つのコツ!

楽譜にf(フォルテ)やff(フォルテッシモ)と書いてあったら、強い音で弾きましょう♪え?強い音が鳴らない?そんな人向けに、強い音を出す基本的な技術を確認しましょう。シンプルですが、なかなか実際に出来ないのがバイオリン!強い音が出ても、鳴らない、響かない強い音は意味がありません。”良い強い音”について...

≫続きを読む

弾く前に音をイメージするとバイオリンは上手くなる!

バイオリンでは、音をイメージするのがとても大切です。バイオリンに限らず、楽器というのは、奏者のイメージを音に反映します。音がイメージできると、それだけで楽器演奏能力は飛躍的にアップします。バイオリンは、特に音を出すのが難しい楽器なので、イメージどうこうよりも、音を出すのに必死になってしまいやすい楽器...

≫続きを読む



 このエントリーをはてなブックマークに追加