バイオリン演奏では余韻まで考えて弾け!



 このエントリーをはてなブックマークに追加

バイオリンでは余韻が大切!

ザン!

 

バイオリン弾きは、音を弾いたら最後、音が消える瞬間まで、音の処理に責任を取らなくてはなりません。
音の消える瞬間!その時までしっかりとコントロールするのです!
音が空気に溶けて、減衰しながら消えていく。
そんな状態を目指しましょう(^o^)

 

弾き終わりで、雑に弓を上げたりしていませんか?

弾き終わりで弓を止めると・・・

カチ

 

音を弾き終わった時に弓を止めてしまうと、そこで音が突然終わってしまいます。
つまり、響きが止まった、余韻のない音になってしまいます。

 

動いていたのを止めるためには、逆向きの力を加える必要があるので、
「ギツ・・」という音が入ります・・。

 

余韻のない音は、典型的なアマチュアの音です。

 

せっかく作った音が急にブツ切れてしまうと、もったいないです(>_<)
弱い音でも、強い音でも、余韻がないというのは不自然です・・。

 

コンサートホールでは余韻があって、だんだん音が消えていきますよね。
家で弾くと、ああいう響きの多い状態は不可能ですが、家の響きの中で、余韻をコントロールするのです。

弓が離陸

上げる!

 

弾き終わりは弓を自然に上にあげます。
その時に、自然にあげていきます。
それまで使っていた弓のスピードを利用して、その弓が綺麗に流れるように、離陸させます。

弓を上げる時に、加速なし!

グッと加速するのなし!

 

弓を上にあげる時に、急に加速するのをやめましょう。
「らーーーーーーーーあん!
とならないようにしましょう(^-^)

 

あくまで自然に、減速していくのが基本です。
車のアクセルを離して、ただ自然に減速していくような状態です。

 

弓が離れることで、弦が振動を続けることができます♪
ぜひ、余韻を意識して、演奏してみてください(^◇^)


管理人のコンサートを行います。
0才児の赤ちゃんから大人まで、みなさんで楽しめるように、コンサートの年齢制限をなくしました。
コンサートの詳細はこちら!

バイオリン上達.comメルマガ

【バイオリン上達.com公式メルマガ登録フォーム】

メールアドレス


お名前









 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

弾き始める一拍前が大事!バイオリン上達.のコツ

どんな曲であっても、なんとなく弾き始めるのはよろしくないです・・。ただ体が行けそうなタイミングになったから、という理由で弾き始めてはいけない!このテンポで行く!という確固たるタイミングを出さなければいけないのです(^_^)弾き始める前に、テンポが分かる演奏である、というのが大事です。弾き始めてから「...

≫続きを読む

余韻を感じて弾くのがとても大切!バイオリン上達のコツ

バイオリン弾きは、音を弾いたら最後、音が消える瞬間まで、音の処理に責任を取らなくてはなりません。音の消える瞬間!その時までしっかりとコントロールするのです!音が空気に溶けて、減衰しながら消えていく。そんな状態を目指しましょう(^o^)弾き終わりで、雑に弓を上げたりしていませんか?

≫続きを読む

バイオリンで大きい音を出す3つのコツ!

楽譜にf(フォルテ)やff(フォルテッシモ)と書いてあったら、強い音で弾きましょう♪え?強い音が鳴らない?そんな人向けに、強い音を出す基本的な技術を確認しましょう。シンプルですが、なかなか実際に出来ないのがバイオリン!強い音が出ても、鳴らない、響かない強い音は意味がありません。”良い強い音”について...

≫続きを読む

弾く前に音をイメージするとバイオリンは上手くなる!

バイオリンでは、音をイメージするのがとても大切です。バイオリンに限らず、楽器というのは、奏者のイメージを音に反映します。音がイメージできると、それだけで楽器演奏能力は飛躍的にアップします。バイオリンは、特に音を出すのが難しい楽器なので、イメージどうこうよりも、音を出すのに必死になってしまいやすい楽器...

≫続きを読む



 このエントリーをはてなブックマークに追加