バイオリン 和音の弾き方!和音はどうやって分けるの?



 このエントリーをはてなブックマークに追加

バイオリンで和音を弾く

バイオリンで3つ以上の重音を弾く時はどうしたら良いのでしょうか?

 

しっかりと弓を2本の弦に置けば、弦を2本同時に弾くのは簡単です。(弾けない人はチューニングで練習!)

 

さて、3和音、4和音を弾く時の原則をお伝えします。

 

和音の弓の使い方の、原則です。

 

和音はダウンで演奏するのが原則です。

 

アップボーでは、腕の重さが使いづらい、人差し指で圧をかなりかけないといけない、など、あまり良いことがないのです。

 

どうしても音をつなげたい、という場合を除いて、全てダウンボーで和音を演奏します。

 

ダウンで演奏すると、和音がダイナミックで、綺麗になりやすいですよ!

 

 

BCEの和音の音程が究極に悪いので、良い子はマネしないようにしましょうね(>_<;)

 

和音は分けて弾くべし!!

バイオリンでは、同時に4本の弦を鳴らすことができません。

 

3和音、4和音を弾く時は、同時に弾くことは難しいですよね。

 

ていうか4本同時に鳴らし続けるは絶対に無理!!

 

バイオリンでは残念ながら、2本しか同時に弾けません。

 

2つずつ音を弾きます。

 

<3和音の分け方>

 

下2つ、上2つで弾きます。

 

つまり真ん中の音は鳴り続けます。

 

 

 

<4和音の分け方>

 

下2つ、上2つで弾きます。

 

下2つは前打音(装飾音符)のように弾きます。

 

 

 

 

2本ずつ鳴らすのが大原則だって言ってるのに、4本同時に弦を鳴らす奴が出てきました・・・!

 

 

この方は、リ・チャンユン(Chuanyun Li)というスーパーバイオリニストです。

 

”北京バイオリン”という映画にも出演していて、この映画のバイオリン音源は全てリチャンユンが演奏しています。

 

アメリカでディレイ先生に習った方で、世界トップレベルの実力を持ちながら、エンターテイナーで楽しい人です(^o^)

 

こんなに弾けたらすげーな。

 

日本にもたまに来ます。

 

上野の東京文化会館でリサイタルした時に、何度か見に行きました(^-^)

 

 

せっかくなので対抗してみた

 

 

ヘタクソすぎて話にならねーな。てか地味に難しい・・

 

カーボン弓でやらないと、本当に弓がいかれます。

 

これはインナーカーボン弓を使用しています。

 

10万円以上の弓は絶対このような使い方をしないでください

 

よい子はマネしないように!!!!

 

和音を弾く時の、腕の使い方

和音での腕の使い方についてご説明しましょう。

 

腕の使い方で大事なのは、肘が先に下がる、肘が先に移弦する、ということです。

 




 

 

 

肘と右手が同時に動いているのではなく、
先に肘が先行して下がっていますよね!!

 

弓がA線とE線に移弦しているのに、肘が上に残る(G線のポジションにいる)のはだめです。

 

音が固くなります。

 

なぜなら、肘の重さが使えないので、指で無理やり音を出すしかなくなるからです。

 

腕をしなやかに使うのが大切です。

 

肘が先に下がることで、自然と移弦の動作が楽になります。

 

肘が先導して、手が後からついてくる、つまり腕をムチのようにしなやかに使うのです!!

 

肘が先に下がり、右手はあとからついてくる


管理人のコンサートを行います。
0才児の赤ちゃんから大人まで、みなさんで楽しめるように、コンサートの年齢制限をなくしました。
コンサートの詳細はこちら!

バイオリン上達.comメルマガ

【バイオリン上達.com公式メルマガ登録フォーム】

メールアドレス


お名前









 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

動画で分かるスピッカートの弾き方!バイオリンの奏法

スピッカートは弓を飛ばすんです!弓をはねさせながら、演奏する技術を「スピッカート」と呼びます。スタッカートと全く同じ記号がついています。スタッカートでも、弓を上空にあげるスピッカートか、弓を浮かさないで止めるスタッカートの2種類あります。今回はこの難しいスピッカートについてご説明します。スピッカート...

≫続きを読む

ピチカート(piziccato)の弾き方! バイオリンの弦を指ではじく時のコツ!

指で弦をはじく奏法を「ピツィッカート(pizziczto)」と言います(^-^)「pizz.」と書いてあったらはじきます!ピザじゃないのよ。はじくだけですが、色々とコツのようなものもあります♪あまり上手じゃないんですが、一応動画ものせておきます。ピチカートが上手いなー!って人はあんまりいないですよね...

≫続きを読む

バイオリンフラジオレットの弾き方!指の押さえ方は?

バイオリンのフラジオは、通常奏法ではありませんが、よく使われる演奏法です。ハーモニクスとも言います。フラジオは、専門的には、倍音奏法と呼ばれます。弦の倍音の音を、鳴らす、技法です。

≫続きを読む

バイオリン和音の弾き方!和音はどうやって分けるの?

バイオリンで3つ以上の重音を弾く時はどうしたら良いのでしょうか?しっかりと弓を2本の弦に置けば、弦を2本同時に弾くのは簡単です。(弾けない人はチューニングで練習!)さて、3和音、4和音を弾く時の原則をお伝えします。和音の弓の使い方の、原則です。和音はダウンで演奏するのが原則です。アップボーでは、腕の...

≫続きを読む

左手ピチカートの弾き方!バイオリンの奏法

左手のピチカート(ピツィッカート)は、超絶難しいです。「ピチカート」だとアマチュアっぽいので、「ピツィッカート」と言った方が通ですね♪このサイトでは、グーグルやヤフーで検索されるワードが「ピチカート」なので、”ピチカート”と表記しています。普段は100%「ピツィッカート」と言ってます(^o^)さて、...

≫続きを読む

スラースタッカート ワンボースタッカートの弾き方!難しい一弓スタッカート

超絶難しいワンボースタッカートですが、意外とやり方は単純です。とはいっても、これを習得するのは、相当な時間がかかります。1年とか2年とか、普通にかかります。音楽家を志す人は、早めに練習すると良いです!早く出来るようになれば、大きくなった時にさらに習熟しますからね。小学生でも出来る子は出来ます。私は、...

≫続きを読む

自然フラジオレットの鳴る場所

自然フラジオレットの場所について、お伝えしたいと思います。自然フラジオレットとは、開放弦の倍音を出す奏法です。自然フラジオレットは、開放弦の倍音しか出せない音が限定されますが、とても豊かに響きます。反対に、人工フラジオレットは、好きな音のフラジオレットを出せます。<自然ハーモニクスで出せる音>A線の...

≫続きを読む



 このエントリーをはてなブックマークに追加