左手ピチカートの弾き方!バイオリンの奏法



 このエントリーをはてなブックマークに追加

左手のピチカート?

左手のピチカート(ピツィッカート)は、超絶難しいです。

 

「ピチカート」だとアマチュアっぽいので、
「ピツィッカート」と言った方が通ですね♪

 

このサイトでは、グーグルやヤフーで検索されるワードが「ピチカート」なので、”ピチカート”と表記しています。

 

普段は100%「ピツィッカート」と言ってます(^o^)

 

 

さて、左手ピツィッカートのお話です。

 

左手で音を押さえて、左手ではじく!

 

なんと非効率で無駄なことでしょう(笑)

 

右手ではじいた方が良い音が出るに決まってます。

 

そんなムダ極まりない左手ピチカートですが、
出来たらかっこいいじゃん!(`・ω・´)

 

ということで、動画をのせておきます。

 

あんまり上手くないので、参考程度にされてくださいね!!

 

左手ピチカートが出てくる曲

左手ピチカートは、非常にむつかしいし、死にそうなくらい難しいです。

 

なかなかまともに音は出ないし、汗はかくし、ロクなもんではございません。

 

この左手ピチカートが出てくる曲は、

 

・サラサーテのツィゴイネルワイゼン

 

・ラヴェルのツィガーヌ

 

・パガニーニのカプリスの24番

 

・パガニーニの”God save the King” や、 ”Nel col piu non mi sento”くらいですかね。

 

音符の上に「+」の表記があれば、それは左手でピツィッカートしろ、という表記です。

 

ほとんどの人には縁がないかもしれません。

 

音大生だと、”ツィゴイネルワイゼン”と”ツィガーヌ”は割とよくやる曲です。

 

できなくても問題はないのですが、左手ピツィッカートのやり方をお伝えします。

 

はじかれる指をしっかり押さえる!

開放弦を、左手ではじくのが、一番単純で音が鳴ります。

 

開放弦は、ただはじくだけなので、楽ですよね。

 

 

問題は、開放弦以外です!!

 

左手ピツィッカートの難しさは、
左手を押さえながら、左手で非常に鋭く弦をはじく

 

つまり、
左手で押さえようとしながら、同時に強烈に指を離そうとする、という逆の動作を左手の中で行うのです。

 

左手は押さえる、右手がはじく、といった役割分担した方が、明らかに効率が良いですよね?

 

右手だったら、右腕全体の大きな動作ではじくことができます。

 

しかし、左手は動きが制限された中で、はじきづらい場所ではじかなくてはなりません。

 

ピツィッカートは、弦の真ん中をはじくのが、もっとも効率的に音がだしやすいです。

 

しかし、3の指を押さえて、4の指ではじく、という条件だと、弦の約1/8の場所をはじくことになります。

 

左手のピツィッカート

 

これはほとんど音が鳴りません(世界の超一流のバイオリン弾きを除く)。

 

コツは、3の指をがっちり押さえて、4の指を鋭く動かす、
あと気合いです(笑)

 

 

1の指を押さえて、4の指をはじく、これが一番音が出やすい左手ピツィッカートです。大体弦の1/4の場所をはじけます。

 

それでも動きが制限された中で行うので、右手の普通のピツィッカートより、格段にやりづらいです。

 

右手のピツィッカートより、更に強烈な力が必要です。

 

力は重さ×スピードです。

 

指の重さなんかたかが知れていますから、いかに高速スピードではじくか、にかかっています。

 

そして、はじかれる側の指をしっかりと押さえることです!

 

はじかれる側は、ガッチリ押さえて、死んでも離さない覚悟が必要です!

 

人間の動作の理に適わない動きなので、相当がんばらないとねー。

 

 

 

<4の指の音はどうするか?>

 

左手を押さえて、左手ではじくわけなので、4の指の音だけは、左手でははじけないです。

 

4の指の音は、弓先で叩く、右手でピチカートする、のどちらかになります。

左手ピチカートの弾き方

左手ピツィッカートをはじく時には、左手を強烈にはじく必要があります。

 

1の指の音を、4の指ではじく場合で考えます。(まあどの指でもいいのですが)

 

この場合は、2と3の指は最初から離しておきます。

 

一緒にはじこうとしても、邪魔になるだけです。

 

 

まず1と4をしっかり押さえる。

 

4をやや下方向に、強烈にはじく。

 

この時に、下方向すぎると、バイオリンにガツっと指が当たるだけなので、下にはじくと同時に、4の指を曲げる意識もあると良いと思います。

 

4をおもいっきり下にはじく

 

この画像は、3の指の音を、4ではじく場合です。

 

 

この左手ピツィッカートは、気合と特訓あるのみです!

 

やっていると、左手の指が固くなるので、音も鳴りやすくなります。

 

使う頻度は少ないですが、出来て損はしない技術です。

 

 

 

 


管理人のコンサートを行います。
0才児の赤ちゃんから大人まで、みなさんで楽しめるように、コンサートの年齢制限をなくしました。
コンサートの詳細はこちら!

バイオリン上達.comメルマガ

【バイオリン上達.com公式メルマガ登録フォーム】

メールアドレス


お名前









 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

動画で分かるスピッカートの弾き方!バイオリンの奏法

スピッカートは弓を飛ばすんです!弓をはねさせながら、演奏する技術を「スピッカート」と呼びます。スタッカートと全く同じ記号がついています。スタッカートでも、弓を上空にあげるスピッカートか、弓を浮かさないで止めるスタッカートの2種類あります。今回はこの難しいスピッカートについてご説明します。スピッカート...

≫続きを読む

ピチカート(piziccato)の弾き方! バイオリンの弦を指ではじく時のコツ!

指で弦をはじく奏法を「ピツィッカート(pizziczto)」と言います(^-^)「pizz.」と書いてあったらはじきます!ピザじゃないのよ。はじくだけですが、色々とコツのようなものもあります♪あまり上手じゃないんですが、一応動画ものせておきます。ピチカートが上手いなー!って人はあんまりいないですよね...

≫続きを読む

バイオリンフラジオレットの弾き方!指の押さえ方は?

バイオリンのフラジオは、通常奏法ではありませんが、よく使われる演奏法です。ハーモニクスとも言います。フラジオは、専門的には、倍音奏法と呼ばれます。弦の倍音の音を、鳴らす、技法です。

≫続きを読む

バイオリン和音の弾き方!和音はどうやって分けるの?

バイオリンで3つ以上の重音を弾く時はどうしたら良いのでしょうか?しっかりと弓を2本の弦に置けば、弦を2本同時に弾くのは簡単です。(弾けない人はチューニングで練習!)さて、3和音、4和音を弾く時の原則をお伝えします。和音の弓の使い方の、原則です。和音はダウンで演奏するのが原則です。アップボーでは、腕の...

≫続きを読む

左手ピチカートの弾き方!バイオリンの奏法

左手のピチカート(ピツィッカート)は、超絶難しいです。「ピチカート」だとアマチュアっぽいので、「ピツィッカート」と言った方が通ですね♪このサイトでは、グーグルやヤフーで検索されるワードが「ピチカート」なので、”ピチカート”と表記しています。普段は100%「ピツィッカート」と言ってます(^o^)さて、...

≫続きを読む

スラースタッカート ワンボースタッカートの弾き方!難しい一弓スタッカート

超絶難しいワンボースタッカートですが、意外とやり方は単純です。とはいっても、これを習得するのは、相当な時間がかかります。1年とか2年とか、普通にかかります。音楽家を志す人は、早めに練習すると良いです!早く出来るようになれば、大きくなった時にさらに習熟しますからね。小学生でも出来る子は出来ます。私は、...

≫続きを読む

自然フラジオレットの鳴る場所

自然フラジオレットの場所について、お伝えしたいと思います。自然フラジオレットとは、開放弦の倍音を出す奏法です。自然フラジオレットは、開放弦の倍音しか出せない音が限定されますが、とても豊かに響きます。反対に、人工フラジオレットは、好きな音のフラジオレットを出せます。<自然ハーモニクスで出せる音>A線の...

≫続きを読む



 このエントリーをはてなブックマークに追加