小指の大切な役割!バイオリンの弓の持ち方



 このエントリーをはてなブックマークに追加

小指は丸く!

丸くなければ小指にあらず!!

 

一番重要なことを書きます。

 

小指は、丸く使います。
放っておくと、つっぱる指です。

 

親指と小指はつっぱらないように、常にチェック♪

指先が触れる

丸く持つのよッ!

 

小指は指先が触れます。
爪は短く切ってください・・。

 

指先でないと、丸くなるように持つことが出来ません!

弓の”目”の上に置く

目の上のタンコブ(小指)!

 

手の大きさによって、多少のズレはありますが、
弓の目の上に、小指を置きます。

 

親指を支点に、弓を支えます。

弓の重さを支える指

意外に重労働♪

 

小指は弓の重さを支えます。
小指には、かなりの重さがかかります。

 

「小指はある程度鍛えることも必要だ」と、ゲーデさんもおっしゃっていました。

バイオリン上達.comメルマガ

【バイオリン上達.com公式メルマガ登録フォーム】

メールアドレス


お名前









 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

バイオリンの弓の張り方

弓は木の棒です。馬のしっぽの毛が付いています。バイオリン本体と同じで、シンプルな作りです。この馬の毛で、弦をこすります。では弓の張り方を見ていきましょう。

≫続きを読む

バイオリンの弓を張る量と松脂の塗り方

弓を張るわけですが、だいたい弓の真ん中で、毛が木から7〜8mmくらい離れるように張りましょう。張りすぎても、コントロールが難しくなります。張らな過ぎると、木が弦についてしまい、だめです。湿度で、弓の毛は変化するので、時々チェックしましょう(^_^)

≫続きを読む

バイオリン弓の持ち方〜親指をどこに置くか〜

右手親指の最重要ポイントは、”第一関節が曲がっていること”です。親指が反るのは、絶対ダメ!!弓の先に行っても、第一関節が曲がっているようにして下さい!

≫続きを読む

バイオリン弓の持ち方〜人差し指の当たる場所〜

人差し指は、しっかりと圧をかける時に、大切な指です。人差し指なしに、強く大きい音は実現できません。強い音のカギを握っている指です。

≫続きを読む

バイオリン弓の持ち方〜中指編はどこで持つか〜

中指は弓を持つ時に、親指と対になって支える指です。中指は船の舵を取るようなバランスするための指です。

≫続きを読む

バイオリン弓の持ち方〜薬指はどこで持つか〜

お子さんに弓の持ち方を教える時に、”きつねさん”を必ずやります♪きつねさんを作って、やっと弓の持ち方を習得することが出来ます。きつねさんは基本!

≫続きを読む

バイオリン弓の持ち方〜小指は丸く持て〜

一番重要なことを書きます。小指は、丸く使います。放っておくと、つっぱる指です。親指と小指はつっぱらないように、常にチェック♪

≫続きを読む

右手首の構え〜バイオリン弓を持つ〜

右手首は上から吊るように使います。弓を持ち上げるのも、右手首の仕事です。つままれているように、上から垂らすように手首使います。

≫続きを読む

バイオリン右肘の構え〜音が固くならないために

バイオリンを弾く人の右肘はとても高くなりやすいです。力が少しでも入ることで、右肘が高くなります。力が入る→肘が上がる→音がつぶれるという典型的なパターンになります。右肘の問題は、右腕全体の脱力であったり、人差し指に力が入っている状態だと、もうほぼ100%肘が高くなります。右腕<前腕>の力を一段階フッ...

≫続きを読む

右肩を下げてバイオリンは弾くべし

右肩が上がって演奏してしまうのは、よくないです。とにかく右肩を下げることで、腕がスムースに使えるようにします。そして力の伝達が無駄なく行えるようにします。

≫続きを読む

松脂を塗っていない弓でバイオリンを弾くと・・?

昨日、毛替えをしてきたので、その弓に松脂を塗っていきます。毛替えをしたら、松脂がついていないので、松脂を塗らなくちゃいけませんね。毛替えをすると、当然松脂は塗ってありません。お店によっては松脂を塗ってくれるところもあります。しかし、松脂にこだわりがある人は、違う松脂が毛に付くのを嫌がりますね。せっか...

≫続きを読む

バイオリンの弓の毛替えは必要か?毛替えの頻度は?

弓の毛替えとは何でしょうか?まあ読んで字のごとくなんでございますが、「毛替え(けがえ)した方が良いよー」なんて先生に言われたりすることもありますよね。<毛替えとは>弓の毛を新品に取り替えることです。弓の毛は、摩擦で消耗し、弾いているうちに毛が切れたりします。古い毛で弾くと、音がスカスカになります。な...

≫続きを読む



 このエントリーをはてなブックマークに追加