エフェソス博物館で古楽器をたくさん見る!



 このエントリーをはてなブックマークに追加

古楽器博物館のエフェソス博物館

エフェトス博物館

 

ウィーンには古楽器博物館があると聞いて、エフェソス博物館に行ってきました!

 

Herrengasse(ヘレンガッセ)から歩いて10分くらい行くと、博物館がたくさんあるところに着きます。

 

着いて入口がどこかわからなくて困りました!

 

ブルク公園の方から行くと、その場所に着くのですが、図書館、としか書いていないので困りました(^-^;)

 

少し迷ってから、人のいる方に行ってみると、ちょうど建物の反対側に入口がありました。

 

”入口はオイゲン公騎馬像のある、北西側”だったのです!

 

「建物の裏側」といっても、建物がめちゃ広いので、結構行くのに時間がかかりました。

 

もーなんでこんなに建物がでかいんですかね!!

 

もう!(^-^)

 

武器のコレクションを見る

なんか武器がたくさん!

 

エフェソス博物館には、楽器だけでなく武器の博物館も兼ねています。

 

これがまたでかい!

 

はぐれたら迷子になりますね。

 

今いるのがどこか、広すぎてまったくわかりません!!

 

鎧とか剣とか銃、槍など置いてあります。

 

あんまり興味はなかったのですが、昔の人はこんな重そうな甲冑をきて戦っていたのかと思うと、大変そうですね。

 

女性や子供の鎧もありましたが、これはむしろ身を守るためなのかな?と思いました。

 

子供用の鎧

 

子供が襲われても、しっかり鎧が守ってくれます。たぶん。

 

いや、むしろ何も着ないで身軽に逃げた方がいいんじゃ・・

 

動きづらくて逃げ遅れそうです。・

 

ようやく楽器コーナーに!

古楽器博物館

 

うろうろして、ようやく古楽器コーナーに辿り着きました!

 

結構歩いたので、少し疲れました(^-^;)

 

ウィーンの美術館はめちゃんこ広いのです。

 

これで14ユーロくらいですから、日本の美術館に行くよりお得な感じです。

 

この楽器コーナーには色々な楽器があります。

 

今だとバイオリンの形は、私たち見慣れた形ですが、あの形に至るまでに様々な試行錯誤があったのがよく分かります。

 

例えば、バイオリンだと”f字孔(えふじこう)”というfの形をしたアナが左右に1つずつあいています。

 

昔はC字型の孔があけられたりしていたのです!

 

これがC字孔だ!

 

f字孔というのは、構造的にも理にかなっていて、C字型よりも強度的に優れているんです。

 

Cだと孔のあいている方に力がかかると、割れてしまいやすいです。

 

そんなわけで、今はバイオリン、ビオラ、チェロ、コントラバスまで、全てf字孔なのです。

 

いたって普通のf字孔(顔の彫刻付き)

 

このエフェソス博物館は珍しい楽器がたくさんある、と聞いていたのですが、昔の人がどう苦労して楽器を作っていたのか、思いを馳せるのもいいですね(^-^)

 

f字孔あけるの忘れたらこうなる

 

f字孔がないものもあります♪

 

組み立ててからは、孔をあける事は出来ない(そりゃ彫ることはできるけど表板に負担がかかります)ので、多分これで完成品ですね。

 

のっぺらぼうみたいな感じですね( - )ノッペリ

 

バイオリン上達.comメルマガ

【バイオリン上達.com公式メルマガ登録フォーム】

メールアドレス


お名前









 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

音楽の都ウィーンへ行く!ハプスブルク家の繁栄

ウィーンに行きました。ウィーンに行くことに決めた理由は、音楽をやる以上は、”ウィーンを知らずに音楽は語れない!”ということです。私は、15年前にウィーンに行った記憶がありますが、小学生の時だったので、ほとんど覚えていません。今回は10日間と、非常にゆったりとした日程でウィーンに行くことにしました。し...

≫続きを読む

ウィーン国際空港で買うお得なきっぷの買い方!

ウィーンにきて最初の関門は電車に乗ることでした。初めて行く外国の電車って、ハードル高いですよね!!暗黙の了解とかあるんで、何したら良いのかわからないじゃないですか。私は旅行の下調べをしない人間なので、マカオにいった際も空港に何もなくてポカーンとしたものです。(マカオは小さいので、タクシーしかない)幸...

≫続きを読む

ウィーンの中央墓地で楽聖のお墓参り

ウィーンで中央墓地に行きました。子供のころに来た時は、ベートーヴェンのメトロノームの形をしたお墓が印象的でした。ここにはベートーヴェン、シューベルト、シュトラウス、ブラームスなどのお墓があります。モーツァルトのお墓もありますが、モーツァルトは”ザンクト・マルクス墓地”に葬られています(正確な場所は不...

≫続きを読む

エフェソス博物館〜狩猟・武器と古楽器コレクション〜

ウィーンには古楽器博物館があると聞いて、エフェソス博物館に行ってきました!Herrengasse(ヘレンガッセ)から歩いて10分くらい行くと、博物館がたくさんあるところに着きます。着いて入口がどこかわからなくて困りました!ブルク公園の方から行くと、その場所に着くのですが、図書館、としか書いていないの...

≫続きを読む

エフェソス博物館の珍しい楽器たち

エフェソス博物館には、色んな楽器があります。ピアノから、弦楽器、管楽器など、多彩な楽器が展示してあります。中でも弦楽器の多さは群を抜いています。弦楽器は骨董品的な側面も持つので、ただ音を出す楽器としてだけでなく、見ても楽しめるんですよ?スゴイデショ管楽器は新しくて良いものの方が、美しい音を出すと...

≫続きを読む



 このエントリーをはてなブックマークに追加